1月 | 2017 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

最新情報を発信する
SiTest ブログ

人工知能と医者、どちらが信用できる?AI医療の意識調査

white-male-1780697_640

以前のエントリ「」でもご紹介しましたが、人工知能を活用した専門的医療分野における診断は人間の能力を超えようとしています。

医療現場への人工知能の進出と、関わり合いが深いのは医療に携わっている医師だけではありません。
今後、進歩がさらすすめば万が一の際に患者として診断を受けることも起こり得る私たちにも、同様に大きく関与してくる問題です。
今回は利用者の立場から見た、AI医療に対する意識をまとめました。
続きを読む >

2017年から人工知能を学ぶ人必見!簡単にAIボットを作れる「Node-RED」とは?

node-red

近年、「AlphaGo」が囲碁チャンピオンを打ち破ったり、 自動運転車が開発されたり、 アマゾンがレジのない店舗を開発したりと人工知能が著しく成長してきているのを感じていると思います。

今回はそんな人工知能においていかれないよう、
AIボットを体験する前に、その環境を作ってみようという試みです。

エンジニア向けの記事として書いておりますが、
コーディングなど必要のない内容となっておりますので、
リラックスして読み進めていっていください。

続きを読む >

カジノ解禁法案でどうなる?人工知能とギャンブルの関係

casino-1761494_640

昨年 12/6の13時に衆議院本会議でIR推進法案が可決されました。
IR(Integrated Resorts)とはカジノを含む統合リゾート施設のこと。もちろんカジノだけではなく、ホテル、劇場、テーマパーク、ミュージアム、MICE(国際会議・展示イベント施設)等を一つのエリアに統合させた施設ですが、なぜカジノが不可欠な存在かというとIR施設の内、カジノは面積こそ小さいですがその売り上げのほとんどを稼ぎ出す収益の柱となっており、その収益のお陰で他の施設はコストを十分に使った最上級のサービスに専念できると言う構造になっているからです。
続きを読む >

人工知能が人生を左右する?人工知能を使ったマッチングサービス

スクリーンショット_121416_095641_PM

人工知能を使ったサービスにはさまざまな物がありますが、その解析能力や探索のアルゴリズムを用いてのマッチングサービスが活況です。

人材サービスにおいては、やはり働き方にこだわりたい人材と、優秀な人材に長く務めて欲しい人事担当、両者にとってニーズがある一方で、ひととなりや社風を数回の面接ですり合わせるのは困難でした。
本当に両者にとって人工知能が架け橋となることができるのでしょうか。
どのようなものがあるのか、代表的なものをご紹介します。
続きを読む >

人工知能で変わる投資。FinTechまとめ。

business-1730089_640

投資の分野では相場の動きを解析し売買を自動化するなど、自動化の流れは以前からあり、コンピュータが市場の動向を判断し自動売買を繰り返して収益を上げる仕組みを、「アルゴリズム取引/アルゴリズムトレード」と呼びます。
もちろん自宅のパソコンで片手間にできるようなものではなく、専門の超高性能のコンピュータが行う個人投資家にはとても手の届かない世界の話です。
そんなンピュータを使った投資が、人工知能活用で一般の個人投資家にもできるようになるのでしょうか。
投資の世界の人工知能の現状について解説します。
続きを読む >

人工知能オートバイによる対話型ドライブが面白そう。何ができるようになるのか

motorcycle-687946_640

人工知能による自動運転技術が突きつける倫理的ジレンマについてでは、自動運転技術がモータリゼーションに大きなインパクトを与えるとともに、解消しなければならない倫理的問題があるという点をふりかえりました。
今回のエントリはすこし気楽に、Making it fun to drive with AI.
人工知能を活用して楽しくドライブしようというテーマです。

続きを読む >

専門分野に特化した人工知能「エキスパートシステム」ってなに?

IBM Watson

このブログでは、何度か特定の分野の専門家、例えば医師や看護師にとってかわる可能性のある人工知能について解説しました。
こういった不足している専門家のかわりになってアドバイスや診断をおこなってくれるシステムは「エキスパートシステム」と呼ばれます。

エキスパートとは文字通り専門家という意味で、汎用的な知能を獲得するところまでは到達していませんが、特定の分野に特化した知識をもとに推論をおこなうことができるものです。専門家のようにアドバイスを行うことからコンサルテーションシステムと呼ぶものもあります。
続きを読む >

おすすめ本『あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識』

51diQltIUCL

今回紹介する本は、多田 智史 (著), 石井 一夫 (監修)『あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識』(翔泳社)です。

「教科書」の名前のとおり、「人工知能」で総称される機械学習やデータマイニングなどの各方法論のさわり部分をカタログ形式でまとめたもので、主に今まで人工知能関連の技術を扱ったことがないプログラマ向けの書籍です。
続きを読む >

2016年、AMPプロジェクトはどこまで進んだかまとめました。

amp-project

以前から当ブログで動向を追ってきたAMP(Accelerated Mobile Pages)プロジェクトですが、昨年一年でどのようなことができるようになっているのでしょうか?
一年間でどれほど推進されてきたのか、改めてまとめてみました。
続きを読む >

Eコマースだけじゃない。Amazonの人工知能開発まとめ。

amaznecho

人工知能研究といえばGoogleの研究成果を取り上げられることが多いですが、人工知能が生活に与える影響、生活に入り込む容易さを考えるとAmazonの研究も無視することはできません。
今回のエントリは世界有数のEコマース企業として一般消費者である私達とも縁の深い、Amazonの人工知能についてまとめました。
続きを読む >

1 2 3

03-6441-3336