【新機能】デバイス別・ヒートマップの種類別にスマートレポートを出力可能に | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

【新機能】デバイス別・ヒートマップの種類別にスマートレポートを出力可能に

スマートレポートとは、選択したページの各デバイス別・各ヒートマップを Excel 形式でダウンロードできるものです。昨年の機能公開以降、多くのみなさまにご利用いただき、好評を頂いております。
今般、特定のデバイス、特定の種類のヒートマップだけをダウンロードできるようにしてほしい、というご要望にお応えし、機能を追加いたしました!

スポンサーリンク

スマートレポートの出力方法

※出力するページの縦サイズが30,000pxを超える場合は、正常に出力できません。

1.画面左側のメニューから、「スマートレポート」を選択する

2.[+新規レポート作成] をクリック

3.レポートを出したいURLを選択する


URLの選択には2つのやり方があります。

①検索する
検索条件(部分一致、完全一致、前方一致、後方一致)を選んだのち、URL BOX 内にカーソルを合わせ、検索したい URL や URL の一部を入力してください。
検索条件に合う候補 URL が一覧で表示されますので、その中から選択してください。
②一覧から選ぶ
URL BOX 横の、緑色のエンピツマークをクリックすると、SiTest でこれまでに計測された URL 一覧が表示されます。その中から該当 URL を選択してください。

4.データを集計する期間を設定する


※開始日は、レポート作成日より2ヶ月以内の日付を指定してください。
※終了日は、レポート作成日より前の日付を指定してください。

5.(新機能)出力するシートを選択する


デフォルトでは、すべてのチェックボックスが選択された状態となっています。出力の必要がないもののチェックを外してください。
デバイス名(パソコン/タブレット/スマートフォン)を選択すると、そのデバイスに紐づくすべてのヒートマップ機能を一度に選択/解除できます。

6.セグメントを選択する


すべてのセッションのデータを出力したい場合には、デフォルトの設定で問題ありません。
特定のセグメントでのデータを出力したい場合には、ドロップダウンの中からセグメントを選択してください。
(デフォルトのセグメント、自分で作成したカスタムセグメント、のすべて選択可能です)

7.サイトの種類・ページの目的を選択する(任意)

8.人工知能によるアドバイスコメントを表示するかどうかを選択する(任意)


※あらかじめ、SiTest のゴール設定が必要です。
※ヒートマップの状態、ゴール設定の内容によりコメントが表示されないことがあります。
※データ量により、出力に時間がかかったり、エラーになることがあります。

9.決定ボタンを押す

ステータスの確認方法

スマートレポートを作成を開始すると、この画面で各レポートのステータスを管理できます。

各ステータスの見方をお伝えいたします。

レポートが作成中の場合


ステータスの列に「レポート作成中」と表示され、作成の進捗が百分率にて表示されます。ブラウザを更新すると、進捗の進み具合が更新されます。

正しくレポートの出力が完了した場合


出力が正常に完了した場合は、緑色で「ダウンロード」と表示されます。クリックすると、SiTest から Excel ファイルがダウンロードできます。

エラーが発生し、出力ができなかった場合


出力中にエラーとなり、正しく出力できなかった場合は、赤色で「エラーが発生しました」と表示されます。「エラー」にマウスカーソルを合わせると、エラーが出たシートとその内容を見ることができます。多くは、レポート中の数値の集計が正常に完了しない場合です。この場合は、ダウンロードができませんので、当社までお問合せ下さい。
レポート一覧から削除したい場合は、操作の列の「削除」ボタンをクリックして下さい。

一部エラーが発生したが、出力は可能である場合


一部ヒートマップ画像の出力には失敗したものの、それ以外は正しく出力できた場合は、赤文字で「ダウンロード」と表示され、その下に「※画像の取得に失敗しました」と表示されます。
「※画像の取得に失敗しました」にマウスカーソルを合わせると、画像取得に失敗したシートを見ることができます。エラーの出たシートが必要ないものであれば、そのままダウンロードしてください。エラーが出たシートが必要な場合は、当社までお問い合わせください。

インフォメーションマークについて


「出力するシート」列、「ステータス」列に出てくるインフォメーションマーク(iマーク)は、マウスカーソルを合わせることで詳細情報を見ることができます。

「出力するシート列」のインフォメーションマーク

データを出力するデバイス、ヒートマップの種類を選択した際のみ、「カスタム」という表記になりインフォメーションマークが出現します。どういったカスタムをしたかを確認することができます。

「ステータス」列のインフォメーションマーク

設定したセグメント・サイトの種類・ページの目的・アドバイス表示の有無、などが確認できます。

今後のアップデート予定

さらに、8月上旬には、画像の取得が一部できずにエラーになった際に、問い合わせをしなくても解決できるための機能を実装中です!また、機能追加されましたら改めてご紹介いたします。

今後とも、SiTest をよろしくお願いいたします。


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら