SEOの基本をおさらい。ページランクとは何か? | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

SEOの基本をおさらい。ページランクとは何か?

2016年3月、Googleの公式発表で「ページランク」の表示を停止することが明らかになりました。
ページランクとは、こちらのエントリで紹介した「リンクジュース」の質量とも言える指標です。

スポンサーリンク

Googleは外部には公開しないものの、内部では引き続き検索順位を決定づけるアルゴリズムに活用していくことも公表しています。

指標として明らかになる事がなくなり、意識が薄れてくることも考えられるこのページランクですが、そもそもの成り立ちと考え方、今後の対策について考えてみました。

ページランクとは

ページランク (PageRank) は、ウェブページの重要度を決定するためのアルゴリズムであり、検索エンジンのGoogleにおいて、検索語に対する適切な結果を得るために用いられている中心的な技術。Googleの創設者のうちラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって1998年に発明された。名称の由来は、ウェブページの”ページ”とラリー・ペイジの姓をかけたものである。

参照元:Wikipedia

その評価の考え方

PageRank アルゴリズムの発想は、引用に基づく学術論文の評価に似ている。
学術論文の重要性を測る指標としては、被引用数がよく使われる。重要な論文はたくさんの人によって引用されるので、被引用数が多くなると考えられる。同様に、注目に値する重要なウェブページはたくさんのページからリンクされると考えられる。
さらに、被引用数を用いる考え方に加えて、「被引用数の多い論文から引用されている論文は、重要度が高い」とする考え方が以前から存在した。ウェブページの場合も同様に、重要なページからのリンクは価値が高いと考えられる。

参照元:Wikipedia
800px-PageRank-hi-res
出典:Wikipedia
この模式図の指矢印が、「リンクジュース」ということになります。
このエントリではあえてページランクについては触れませんでしたが、上記の図で黄サイトが100ポイント(本来の指数ではありません)、青サイトが90ポイントのページランクを持っているとすると、
黄サイトは赤サイトに100ポイントのリンクジュースを渡している。
青サイトは黃、赤、緑のサイトに30ポイントずつ(90÷3)のリンクジュースを渡している。
ことになります。

ページランクを確認する方法

ページランクは0から10までの11段階の数値で2000年から2013年までは公表・更新されており、Googleツールバーで確認できたことから、それはTBPR(ツールバーページランク)と呼ばれていました。

前述のとおり、ページランクはたくさんのサイトからリンクを集めるか、ページランクが高いページからリンクしてもらえると上がるというもので、被リンクを集める上で重要な指標として扱われていたのです。

今後ページランクの公開は完全に廃止され、確認する方法はなくなりました。
ただし、Google内部で管理されるReal PageRank(リアルページランク)は存在し、更に細かな数値で算出され、ランキング要因として使用されることも発表されています。

Real PageRank(リアルページランク)

Real PageRankについてわかっていることは
・TBPRは0~10の整数だったが、Real PageRankはさらに細かい小数点の値まで算出される。
・TBPRの数値はReal PageRankの一部、過去のデータでしかない。
・PageRankは数週間間隔での更新、Real PageRankは絶えずアップデートされている。
・Real PageRankはGoogleの重要なランキング要因である。
ということです。

今後の対策として

GoogleがWebサイトをどのように評価しているか、はGoogle Search Consoleを活用することとなります。
「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」で、自社サイトがどのようなサイトからリンクされているかが確認でき、
「モバイルユーティリティ」でスマートフォン対応状況、「インデックスステータス」でインデックス状況を確認できます。
Google Search Consoleで自社サイトのUI、UXを含めた評価状態を確認し、対策をとっていくことが必要となるはずです。


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら