テストの作成と各テストの特徴

テスト作成時選択できるテストは以下の3種類です。

A/Bテスト

A/Bテストとは同一URLにアクセスしてきた訪問者に対し別のページを表示し、
それぞれのコンバージョン率を比較しページを最適化する手法です。
下記2種類のテスト方式が選択できます。
・htmlファイルを複数用意アップロードし、別URLへリダイレクト(転送)する方式
【動作イメージ】
①オリジナルページが読み込まれ、ブラウザで表示される前に<head>タグ内にSiTestテストタグがある場合、リダイレクトA/Bテストが実行中かどうか判定される
→リダイレクトA/Bテストが実行中かつテスト実行条件にマッチする流入なら
 ②設定した確率でランダムに選択されたパターンの別URLに転送(リダイレクト)される

・URLは変わらず、ページを部分的に書き換える方式
【動作イメージ】
①オリジナルページが読み込まれる
②SiTestのタグが発火し、該当ページに実行中の書き換えA/Bテストの設定があるかどうか判定される
→実行中かつテスト実行条件にマッチする流入なら
 ③過去に振り分けられたパターンがCookieに保存されていればそのパターンに画面が書き換わる
 ④設定した確率でランダムに選択されたパターンに画面が書き換わる

ページ内の部分書き換えは非同期実行の為、オリジナルページが表示されてから書き換えが実行されます

ユーザーがテスト実行ページに再訪した場合、初回に振り分けられ表示されたパターンをCookieに記憶するため、判定は行われず毎回同じパターンが表示されます。

多変量テスト

多変量テストはページの中に複数の「セクション」を作成します。
ABテストはページに対しパターンを作成しテストを行ないますが、多変量テストはこのセクションに対しパターンを作成します。
セクションがそれぞれ、パターンを持ちその組み合わせによって訪問者に対し変更したページを表示します。
これによってABテストに比べ多くのパターンの組み合わせを一度に試すことができます。
ただしパターンも増えるため、テストの検証に必要なアクセス数も多く必要になります。

ページ内の部分書き換えは非同期実行の為、オリジナルページが表示されてから書き換えが実行されます

ユーザーがテスト実行ページに再訪した場合、初回に振り分けられ表示されたパターンをCookieに記憶するため、判定は行われず毎回同じパターンが表示されます。

フレキシブルLPテスト

ABテスト同様にエディターでページを編集してパターンを作成します。
パターンごとに表示条件を設定し、マッチしたパターンを訪問時に表示します。
例えばURLパラメタ別にキャッチコピーを変えたり、
流入元別(Googleから、Yahooからなど)で表示するバナー画像を変えるなどが可能です。

【動作イメージ】
①オリジナルページが読み込まれる
②SiTestのタグが発火し、該当ページに実行中のFLPOの設定があるかどうか判定される
→実行中なら
 ③過去に振り分けられたパターンがCookieに保存されていればそのパターンに画面を書き換える
 ④振り分け条件にマッチするパターンがあれば、マッチしたパターンに画面を書き換える
 ⑤マッチするパターンがなければ画面書き換えは行なわれない

ページ内の部分書き換えは非同期実行の為、オリジナルページが表示されてから書き換えが実行されます

ユーザーがテスト実行ページに再訪した場合、初回に振り分けられ表示されたパターンをCookieに記憶するため、判定は行なわれず毎回同じパターンが表示されます。