3.ステップの達成条件

ステップの達成条件は6種類あります。詳細は下記の通りです。

指定したページ到達をゴールにする

達成条件を「指定したページに到達する」にし、到達したらコンバージョンとしたいURLを設定してください。
たとえば、問合せや購入後に遷移するサンクスページのURLを設定するような使い方が可能です。

URL一覧には、SiTest のトラッキングコードが1回以上計測されないと表示されません。
URL一覧に表示されない場合は、該当のページにトラッキングコードが設置されているかご確認下さい。

指定した要素をクリックをゴールにする

達成条件を「指定した要素をクリック」にし、指定のページURLを選択してください。
「要素の指定」に、jQueryセレクタ形式で設定したい要素を記載する必要があります。右側の「ページから選択する」をクリックすると、指定ページが表示されますので、画面内の要素をクリックしてセレクタを自動入力することもできます。
たとえば、電話番号画像をクリック(スマートフォンの場合タップ)したらゴールにするような使い方が可能です。

ページ内の指定した要素にマウスカーソルを乗せたらゴールにする

達成条件を「指定した要素をホバーする」にし、指定のページURLを選択してください。
「要素の指定」に、jQueryセレクタ形式で設定したい要素を記載する必要があります。右側の「ページから選択する」をクリックすると、指定ページが表示されますので、画面内の要素をクリックして自動入力することもできます。
たとえば、申し込みボタンにマウスカーソルを乗せたらゴールにするような使い方が可能です。

ページを下にスクロールした時にゴールにする

達成条件を「指定したスクロール率を超える」にし、指定のページURLを選択してください。下のテキストボックスに、0~100までの半角数値を入力してください。
たとえば、トップページの半分までスクロール(スクロール率50%)したらゴールにするような使い方が可能です。

ページ内の特定要素にフォーカスした時にゴールにする

達成条件を「指定した要素をフォーカスする」にし、指定のページURLを選択してください。
「要素の指定」に、jQueryセレクタ形式で設定したい要素を記載する必要があります。右側の「ページから選択する」をクリックすると、指定ページが表示されますので、画面内の要素をクリックしてセレクタを自動入力することもできます。
たとえば、申し込みフォームの一番上のテキストボックスにフォーカスしたらゴールにするような使い方が可能です。

ページ内に一定の秒数滞在した時にゴールにする

達成条件を「指定した滞在時間を超える」にし、指定のページURLを選択してください。
テキストボックスに半角数値で0~3600を入力してください。ウェブページを開いてから入力した秒数以上経過した時にゴールとなります。