1.入力支援

入力支援では、フォームのエラー表示をリアルタイムで行うことにより、離脱を防止する機能を提供します。

入力支援を実施するフォームを構成するフォームタグ・インプットタグのすべてに、それぞれ一意のid属性またはname属性が必要です

SiTestのトラッキングコードをフォームのページに設置して、設定画面から操作するだけでフォームの項目を必須に指定したり、入力形式を指定したりすることで簡単にエラー表示させることができます。

入力支援を行うには、プロジェクト名>フォーム>と進んでいただき、フォームページの一覧を表示します。
該当URL右端の「入力を支援する」をクリックしてください。

基本設定

「入力を支援する」を選択すると下記画面が表示されます。
画面右上の「入力支援設定」をクリックして、フォーム全体の基本設定を行います。

基本設定では、「未入力の必須入力の項目数の表示」・「フォーム送信時の入力エラーのチェック」・
「ページの離脱時のメッセージ表示」の設定が行えます。
基本設定の選択が完了したら「変更を保存する」をクリックしてください。

エラーメッセージの編集

入力フォームの属性に合わせてエラーメッセージを表示することができます。
この画面で、エラーメッセージの編集が可能です。
編集が完了したら、「変更を保存する」をクリックしてください。

編集しない場合は、サンプルのエラーメッセージが表示されます。

各項目ごとの詳細設定

基本設定が完了し「入力支援設定を終了する」をクリックすると、フォームが設置されているページが表示されます。
この画面でフォーム内の各項目ごとに詳細設定を行うことが可能です。

該当のフォームを選択すると、画面右側に設定画面が表示され、より詳細な入力支援設定が行えます。
設定が完了したら、「適用する」をクリックしてください。

すべての設定が完了し、画面右上の「入力支援を開始する」をクリックすると入力支援が開始されます。