3.カスタムセグメントの設定

カスタムセグメントとは?


「カスタムセグメント」は任意の条件を自由に設定して作成できるセグメントです。
「レギュラーセグメント」に比べ条件を細かく設定したり、ゴールした訪問データやABテストのパターン毎の訪問データを設定する事ができます。


カスタムセグメントを設定するには、「+カスタムセグメントの新規作成」
より作成可能です。


①カスタムセグメントの名前を入力してください。
②セグメントを設定する条件を選択します。セグメントの対象によって選べる値が変化します。
③条件を選択したら、「保存する」をクリックしてください。

or and ボタン

どちらかをクリックすると2つ目以降の条件を設定することができます。

「and」の場合全ての条件を満たした場合のデータを表示します。
「or」の場合どちらかの条件を1つ以上満たした場合のデータを表示します。

カスタムセグメントの設定項目

セグメントの条件 詳細 設定可能なセグメントの条件 セグメントの値 その他
URLパラメーター 訪問時の最初のPVの際に付与されていたURLパラメータを指定します key=valueの1つの組み合わせを指定してください
ランディングしたページ 一連の訪問の中で、最初に計測されたPVのページを指定して絞込みます =,!= 既に計測されているページから1つ選択してください
離脱ページ 一連の訪問の中で、最後に計測されたPVのページを指定して絞込みます =,!= 既に計測されているページから1つ選択してください
訪れたページ 訪問者が訪れたページ =,!= 既に計測されているページから1つ選択してください
コンバージョンしたゴール プロジェクトに設定済の、コンバージョンしたゴールページを指定して絞込みます ゴール名一覧より選択してください
作成したテストパターン スプリットテストで設定したパターン毎にデータを切り分けます =,!= 計測されたテスト名とテストパターンよりそれぞれ選択してください 選択時点で表示する訪問データから取得しています。そのためテスト計測を行っていない日付を選択していた場合正しく表示されません
訪問した回数 訪問者が訪れた回数を指定して絞込みます =,!=,>=,<=,<> ▲▼より回数を選択してください
訪問したページ数 訪問者が訪問したページ数を指定して絞り込みます =,!=,>=,<=,<> ▲▼より回数を選択してください
訪問したデバイス 訪問時のデバイスを指定して絞込みます パソコン・モバイル・タブレット・その他より選択してください
訪問したブラウザ 訪問したブラウザを指定して絞込みます Google Chrome,Mozilla Firefox,Microsoft Edge,Safari,Opera,Microsoft Internet Explorer 6~11,その他から選択してください
参照元 参照トラフィックのうち特定のURLのリンクから訪問したデータ リファラーを用いて判定します =,!= 訪問データから計測できたリファラーのURLから選択します。ただし、パラメータ等は除外されます
訪問データのIPアドレスから判定した国を絞り込みます 訪問データから計測できた国もしくはunknown(不明)から選択 選択時点で表示する訪問データから取得しています。そのため計測を行っていな日付を選択していた場合正しく表示されません。
地域 訪問データのIPアドレスから判定した地域を絞り込みます セグメントの値を含む場合のデータ 訪問データから計測できた地域もしくはunknown(不明)から選択してください

等号、不等号の意味は次のとおりです。

記号 意味
< (左の値のほうが)小さい
> (左の値のほうが)大きい
>= (左の値のほうが)大きいか等しい
< > 等しくない
(=(左の値のほうが)小さいか大きい)
!= 等しくない