URLの選択

URLセレクターの使いかた


ツールにて、URLの切り替えを行うことができます。
手入力した内容でリストの検索方法を変更します。検索方法は以下の通りです。

・部分一致
フォーム中の文字列とURLの一部が一致したものを表示します。
・完全一致
フォーム中の文字列とURLが完全に一致したものを表示します。
・前方一致
フォーム中の文字で始まるURLを表示します。
・後方一致
フォーム中の文字で終わるURLを表示します。

現在のURLを表示しています。クリックすると検索文字を編集することができます。

エンピツアイコン: URLボックスを開き全てのURLを表示します。
全てのURLを表示: URLボックスを開き全てのURLを表示します。

URLボックスの使いかた

URLセレクター同様に表示されるURLを絞込することができます。
URLの数が多い場合、複数ページに分かれて表示されます。

[URL]ボタン: 通常のページ選択します。
[URLサマリー]ボタン: ページをサマリー(統合)したURLサマリーから選択します。通常タグで計測したURLはサマリーできません。名前をつけるページを統合することが可能です。詳しくはお問い合わせください。
件数ドロップダウン:一度に表示するURLの件数を変更できます。
[<][>]ボタン:ページを切り替えることができます。

表のみかた

  • ・URL
  • ページの名前を表示します。通常タグ計測の場合URLです。クリックするとページ選択します。
  • タイトル行をクリックするとURLの昇順、降順で並び替えることができます。
  • ・PV
  • 現在の日付範囲での各URLで計測されたPVの数を表示します。
  • タイトル行をクリックするとPV数の昇順、降順で並び替えることができます。
  • ・REC
  • 現在の日付範囲での各URLで計測されたRECの数を表示します。
  • タイトル行をクリックするとREC数の昇順、降順で並び替えることができます。
  • ・状態
  • 各種設定の有無を表示します。
  • 録画状態・入力支援実施状態・スプリットテスト実施状態
  • ・URL登録日
  • URLの登録された日付を表示します。
  • タイトル行をクリックするとURLの登録された順番で並び替えることができます。

URLホバー時に出現するエンピツアイコンをクリックするとURLの設定変更画面を開くことができます。
ゴミ箱アイコンをクリックするとそのページに紐づくデータが完全に削除されます。復活はできません。

カスタムディレクトリ

通常は利用しないでください。リニューアル前の背景を再現したい場合の
画像の置き場所などのサーバー上のパスを指定します。詳しくはお問い合わせください。

背景には常に最新のHTMLを表示(ページ単位)

ヒートマップやABテスト設定時に表示されるウェブサイト背景がおかしい場合に
SiTestに保存された背景HTMLを利用せずリアルタイムで背景を表示する設定です。

ON: 背景ログを使用せずリアルタイムで背景HTMLを取得表示
OFF: SiTestに保存された背景HTMLログを表示

ページ単位での設定が優先されます。
設定を変更した後はブラウザリロードしてください。