ヒートマップ解析 | SiTest

ヒートマップ解析で
サイトを健康診断

ヒートマップ解析なしにサイトは改善できない

従来の解析手法にできなかったことを実現

Google Analytics に代表される従来のアクセス解析ツールは、
主にサイト訪問に関する定量的データを蓄積します。
私たちはそのデータを基にサイト改善を行ってきました。

しかし、定量的な解析には問題点が2つあります。

1つは、解析データをサイト改善に活かすためには専門的な知識が必要であること。

もう1つはユーザーが実際にサイト上のページをどのように見ているかまでは分からないことです。

そこで登場したのが、既に生物学の分野などで用いられていたヒートマップです。

ヒートマップイメージ

ヒートマップとは、データ配列を色を用いて表現したグラフの一種です。

単純な数字の羅列では判断しにくい内容も、色の塗り分けという視覚的に分かりやすい手法を用いることで状況をつかむことができます。

ウェブで活用されるヒートマップ解析は、この色の塗り分けを最大限に活かし、従来のアクセス解析ツールの課題である分かりにくさや専門性を排除することに成功しました。

さらに、もう1つの課題であるユーザーの実際の動きについても、スクロール率やクリックアクションなどの指標をヒートマップ解析に加えることで解決しています。

今やヒートマップ解析はサイト改善に必要不可欠な存在になった、と言っても過言ではありません。

ヒートマップ解析でUXを高める

ヒートマップ解析ではユーザーのページ上の動きを可視化することができます。

従来のアクセス解析ツールとは違った解析が可能になるため、最も効果的な方法は両者を組み合わせることです。

例えばアクセス解析では直帰率が高いページ(ユーザーを逃しているページ)を見つけた後、そのページが実際にユーザーにどう見られているのかをヒートマップ解析で探り、課題を発見するといったことを行ないましょう。

アクセス解析

サイト全体を定量的に解析

広告の成果報告とあわせて、SiTest によるサイト解析結果を一緒にお渡しできます。よりクオリティの高いレポートをお渡ししていただくことで、クライアントの満足度向上や新たなご提案の機会創出につなげていただけます。

課題のあるページを発見

ヒートマップ解析

各ページを定性的に解析

視覚的にデザインを共有することで、サイト訪問者が求めているデザインの変更ポイントを一緒に考えることで連携がスムーズになります。

ページ内の課題を発見
7つの項目

ヒートマップ解析はユーザーエクスペリエンス(UX)を表す指標にもなります。

UXとは、ユーザーが商品やサービスを使用した時に得られる経験(満足度)のことです。

2004年にピーター・モービル氏が発表したUXハニカム構造では、7つの項目を定義しています。これをWebサイトに当てはめてヒートマップ解析を行うことで、ユーザーのUXを高めることが可能です。

例えば、ユーザーの求めている情報が探しやすいかをヒートマップの注目度と照らし合わせます。

7つの項目を指標にして、UXという観点からヒートマップ解析をご活用ください。

スクロール解析でページの分岐点を探る

訪問したユーザーのページスクロール率をヒートマップで表示させる機能が、「スクロール解析」です。

すべてのヒートマップ解析の基本となる機能である、ユーザーの滞在時間によって色合いが変わる(滞在時間が長いほど赤く、短いほど青く表示される)ため、直感的にサイトの状況を把握することが可能です。

また、ページごとの滞在者の増減をグラフで確認できるため、「よく離脱されている箇所」の発見につなげられます。

スクロール解析の活用法

スクロール解析では、ページがどの程度読まれているかを直感的に把握できます。

仮にページの最後まで閲覧するユーザーが全体の30%だとすると、重要コンテンツが下部にあっても意味をなしません。

実際にニールセンが発表した調査結果では、ページ下部の訪問時間は上部の1/4ほどであるため、スクロール解析を活用することで、根拠を持って重要なコンテンツを上部に持ってくるかどうか意思決定できます。

また、よく見られている箇所、離脱されている箇所を見つけることで、より効果的なページ構成、コンテンツの順番を模索できます。
まずはページの分岐点を探り、「重要箇所を確実に読まれるページ」を作りましょう。

スクロール解析でページの分岐点を探る

スクロールデータでユーザーの離脱箇所を知る

訪問したユーザーのページスクロール率をグラフで表示させる機能が、「スクロールデータ」です。

ヒートマップ解析だけでは分からない、ユーザーの滞在時間の実数値を確認できるため、視覚的に判断しづらい細かなユーザーの動きが簡単に把握可能です。

また、ページごとの滞在者の増減も実数値で把握できるため、「ページのどの部分でよく離脱されているのか」を簡単に見つけることができます。

スクロールデータの活用法

スクロールデータでは、ページがどの程度読まれているかを定量的に把握できます。

仮に滞在時間が長かったとしても、重要コンテンツまでにユーザーが離脱していれば、そのコンテンツは十分な力を発揮できません。

定性的なスクロール解析とともに、定量的なスクロールデータを活用することで、重要コンテンツを上部に持ってくるのかの意思決定をより確かなものにします。

また、ユーザーがよく見ている箇所、離脱している箇所の発見を容易にし、確かなデータの裏付けをもとに、最も効果を発揮するページの構成、コンテンツの順番を決定することができます。
スクロール解析とともにお使いいただくことで、「ユーザーを逃さず重要コンテンツを読ませるページ」を目指しましょう。

スクロールデータでユーザーの離脱箇所を知る

マウスグラフィで視線の動きを解析

マウスグラフィはユーザーのマウスの動きをサーモグラフィで表示させる機能です。

カーネギーメロン大学教授が2001年に発表した論文によると、マウスと視線の動きは84〜88%の相関関係にあることが言及されています。

つまり、マウスの動きを調査するということは、ユーザーの視線の動きを解析することと同義と言って差し支えありません。

マウスグラフィでは、ページの中で視線が集まっている箇所(= マウスポインタが置かれている箇所)ほど赤く表示され、より具体的なサイト診断を可能にします。

ユーザーが重要な情報をスムーズに受け取ることができれば、ユーザーエクスペリエンスは向上します。

マウスグラフィを使ってページ構成の見直しを図りましょう。

マウスグラフィの活用法

マウスグラフィはどこがよく見られているかを把握できるため、サイトのレイアウト変更や重要コンテンツの設置箇所の改善を行う際に役立ちます。

さらにセグメント設定を行うことで、マウスグラフィはより効果を発揮します。

例えば、直帰ユーザーとそれ以外のユーザーを比較して、動きの違いを把握することができます。

他にも、重要コンテンツと位置づけている箇所を見てくれているユーザー属性を発見できれば、そのユーザーの流入数を増やすことで見込顧客の増加につなげることが可能です。

マウスグラフィで視線の動きを解析

クリック解析でユーザビリティを向上

ユーザビリティに優れたサイトとは、ユーザーが行いたい行動を簡単な操作で実行できるサイトと言われています。

一般的に有効さや効率、ユーザーの満足度などが指標として用いられます。

ヤコブ・ニールセンによると、ユーザビリティはCVRに影響を与え、実際にユーザビリティの最適化が平均87%のCVR増加率につながったことを66個もの事例から証明しています。

SiTest のクリック解析では、ユーザビリティの中でも特に重要な「クリックアクション」が行われた箇所を表示します。

別ページへのリンク、購入ボタンなど次の行動を促すクリックを解析することで、ユーザビリティに優れたサイトを構築していきましょう。

クリック解析の活用法

クリック解析では、ユーザーが適切にリンクやコンバージョンポイントを認識してクリックしているかどうか見極める際に活用していただけます。

例えば商品ページを訪問したユーザーが購入ボタンを適切に認識してクリックしているか確認し、その配置を変えることで購入率を向上させることができるでしょう。

反対にリンクを設定していない静止画やボタンのように見える箇所にクリックが集まっている場合は、ユーザーの満足度を損ね、購買意欲の低下につながる可能性もあります。

いずれにしても「ユーザーがリンクや購入ボタンなどをすぐに認識できるような、不要な箇所でクリックアクションを起こさせないようなサイト構築」のためにクリック解析をご利用ください。

クリック解析でユーザビリティを向上

マウスムーブでユーザーの動きを見える化

ユーザーがサイト上をどのように閲覧しているのか。この情報はサイト運営者なら誰しもが思うことでしょう。

しかし、ユーザーの実際の操作をトラッキングする調査サービスは数十万もかかる高額なものであり、かつわずか数名から数十名ほどの限られた計測で調査に時間もかかります。

SiTest のマウスムーブでは、マウスの動きを録画することで費用も時間もかけずに訪問したユーザーの動きを解析できます。

マウスグラフィの項目でも説明したように、マウスの動きと視線の動きは高い相関関係にあります。

マウスが想定外の動きをしているかどうか確認し、ユーザーがつまづいているポイントを発見できれば、ページレイアウトの変更や導線を組み直してユーザビリティ、CVRを改善することができます。

マウスムーブの活用法

マウスムーブはセグメントをかけることで特定のユーザーに絞ったマウスの動きを分析できます。

例えば直帰ユーザーの動きに目立った特徴があれば、そのポイントを改善することで直帰率を減らし、目標到達させる可能性を拡大させることも可能です。

さらにマウスムーブには個別再生と同時再生の2つを選択する機能を搭載しています。

アクセスの多いページでは1人1人の動きを確認するだけで相当の時間がかかります。

同時再生を活用していただくことで特徴を見つける時間を短縮し、また個別に見たい場合は切り替えることもボタン1つでできるのが利点です。

マウスムーブでユーザーの動きを見える化

ゲイズプロットでユーザー心理を推測

アイトラッキング調査の分野で、ヒートマップ解析と並び重要と位置づけられているのが、ゲイズプロットという解析手法です。

ユーザーの実際の操作を、順序と滞在時間で再構成しました。

ページ内のコンテンツをどういった順番で、どのくらいの時間をかけて読んでいるのかを、直感的に把握することができます。

狙ったとおりにユーザーはコンテンツを見てくれているのか、ユーザーはそのコンテンツを読み飛ばさずに注目してくれているのかがひと目で分かるため、ページレイアウトの変更や動線の見直しをユーザー目線で進めることができます。

ゲイズプロットの活用法

ゲイズプロットでは、ページ内のコンテンツ同士の因果関係を知ることができます。

通常のゲイズプロット機能では単純にマウスの動きを順番に追っていくだけですが、SiTestでは、滞在時間が円の大きさと色で表現されており、より直感的な解析が可能です。

ページ内で迷っていないか、どのような順序で購入商品を決めたのか、再度読まれるような興味を喚起したコンテンツがあるか、など、多角的にユーザーの動きから分析が可能です。

また、マウスムーブと同じように、セグメント分けが可能ですので、直帰ユーザーやコンバージョンに至ったユーザー、特定の広告から訪れたユーザーなど、様々なセグメントのユーザーの動きを解析することで、直帰率やCVRの改善を図ることができます。

ゲイズプロットでユーザー心理を推測

タップ解析でマルチデバイスに対応

日経BPコンサルティングが発表した調査結果によると、2014年の国内スマートフォン・携帯流通マネー市場は4兆2213億円。
わずか2年で2倍近い成長を遂げています。

タブレット端末も同様に市場規模を伸ばしており、サイトでもマルチデバイス対応が求められる時代です。

しかし急速な市場成長についていくために、とりあえず対応しただけのサイトではスマートフォンやタブレット端末ユーザーの視点に立てておらず、CVRが低くなってしまいます。

SiTest では、スマートフォンやタブレット端末ユーザーの特徴である「タップアクション」を解析できる機能を搭載しました。

ボタンの大きさが適切か、動きは滑らかか、PCの解析だけでは分からないユーザーの動きを解析し、全デバイスでサイト最適化、顧客獲得を目指しましょう。

タップ解析の活用法

スマートフォンやタブレット端末はPCと比べてブラウザサイズが小さくなります。

そのため、とりあえずPCサイトを模倣して作ったレベルのモバイルサイトでは、ボタン等が認識されていない、あるいは小さすぎて付近を誤ってタップしているといったことも起こります。

まずはタップ解析でユーザーの動きが正常かどうか把握しましょう。

また、2012年6月にGoogleは「スマートフォンに最適化されたサイトの構築」と題しレスポンシブウェブデザインを推奨する旨を発表しましたが、レスポンシブウェブデザインだからといって安心できるわけではありません。

そもそもスマートフォン、タブレット端末ユーザーはPCユーザーと異なる「タップ」というアクションを行うため、それぞれに最適化することが目標到達率を引き上げることにつながります。

タップ解析でマルチデバイスに対応

タッチアクションでタブレット・スマホユーザーの操作を見える化

スマートフォン、タブレット端末からサイトを見るユーザーは、タップ以外にも様々な操作を行っています。

ページそのものに興味を持たなければフリックで前後のページに遷移し、コンテンツに興味がなければスワイプして読み飛ばし、詳しく見たければピンチインして拡大して読みます。

まさに、タッチアクションは、ユーザー心理をそのまま表しています。

気軽に使用できるデバイスからのアクセスだからこそ、そうしたデバイスへの最適化を行うことでユーザー心理をしっかり掴み、より多くの顧客獲得を図る事ができます。

タッチアクションの活用法

ブラウザサイズがPCよりも小さいため、たとえレスポンシブウェブデザインだからといって、ユーザーにとって見やすいデザインであるとは限りません。

ページ内の各コンテンツにおけるタッチアクションを把握することで、ピンチインされている箇所を大きく掲載するようにしたり、スワイプで読み飛ばされている箇所は、要点を分かりやすく強調したり、文字ではなく画像を用いるなど、タブレット・スマホユーザーのユーザー心理を把握し、操作性を意識したページ作りができます。

ユーザーの興味に合わせたコンテンツの再構成を行ったり、見にくいコンテンツを見やすくしたりといった改善を行うことで、ユーザーを各コンテンツにグッと惹きつけ、離脱させないページづくりが可能となり、ユーザー滞在時間の増加、CVに結びつくユーザー数の増加を図ることができます。

タッチアクションでタブレット・スマホユーザーの操作を見える化

03-6441-3336
メニューボタン閉じるボタン