株式会社スプラッシュジャパン様 | 約36画面分の長いLPのスクロール率改善でコンバージョンUP | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

株式会社スプラッシュジャパン様 | 約36画面分の長いLPのスクロール率改善でコンバージョンUP

導入事例:株式会社スプラッシュジャパン様

スポンサーリンク

sprashlp

スプラッシュジャパン様のご紹介

株式会社スプラッシュジャパン様は総合探偵社として、個人・法人のお客様に浮気・素行・不倫・行動調査を中心にサービス提供されています。証拠をとるだけでなく、依頼主との信頼関係を強め、更に多岐にわたる最新情報システム・最新鋭調査機器を駆使することで高い問題解決率を誇ります。

代表の今野様はテレビ出演・ラジオ出演・雑誌・書籍・セミナーなどで幅広く活躍されております。

 

SiTest導入のきっかけ

1枚もののランディングページを初めて制作して集客をかける際にコンテンツボリュームが多く非常に長いページとなってしまっており、どこまでユーザーが読んでくれるのか?以前のウェブサイトより成果が出るのか?という部分で心配をもっておられました。その中でSiTestのヒートマップ分析によって1枚もののランディングページでも、どのコンテンツまで見ているのか、どのコンテンツによく注目があつまっているのかがわかるということで導入頂きました。

 

SiTestでの取り組み

これまでコーポレートウェブサイトに対して集客を行い無料診断問合せの獲得を行っていたところからランディングページへ切り替える事となり、その際にSiTest を設置してユーザーの行動をトラッキングしました。

スクロール状況や、マウスグラフィによってユーザーの注目箇所を、ユーザー属性ごとにセグメントしてチェックする中でリピートユーザー、リピート回数が増える毎にお客様の声をじっくりと注視しているという洞察を得ることができました。

shm_comparemgp_compare

 

 

実施した改善の詳細

SiTest を使って如何にスクロールさせてコンテンツを読んでもらえるかが指標になるということがわかり、離脱しているポイントをスクロールデータ機能で特定しました。その離脱部分にJSによるアニメーションを入れてABテストを行う事によってスクロール率が改善。結果的にコンバージョン数をアップさせることができました。
kaizenpoint
result

アニメーションをつけることによって入力フォームまでのスクロールを78%改善。結果CVR62%改善

 

LP差し替えリニューアルのリスクヘッジに導入して良かったです

photo
写真:代表取締役 今野様

これまでコーポレートウェブサイトに集客を行って無料診断を獲得していたのですが、ランディングページを新たに制作依頼したところ思った以上に長くなってしまったんですよね。これは本当に読んでもらえるのかなって疑心暗鬼ではないですけど、結構不安に思っていたところSiTestを紹介して頂き、物は試しで導入することにしたんです。ウェブサイトの探偵ですみたいな微妙なトークでしたが(笑)実際に入れてみると、やっぱりある程度興味があるユーザーでないと下までスクロールしていないことがまるわかりになりました。そこでアニメーションを入れてスクロールが本当に改善しているのがグラフで分かって、効果あるんだなと実感できました。今まで大幅なサイトのリニューアルをやってこなかったので、こういったタイミングでのリスクヘッジとして導入して良かったと思います。


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら