フォーム統計 | SiTest

フォーム統計

離脱しにくいフォームに

フォーム統計で離脱項目を見抜く

入力支援でエラーさせないフォームにするだけでは改善されません。

次に着手するべきは、フォームを離脱されにくい項目で構成すること。

フォーム統計では実際のユーザーの入力開始率、入力中断率、入力完了率を確認できるため、どこから入力されているのか、どこで離脱されているかを瞬時に判断できます。

項目の順番を入れ替えたり、離脱されやすい項目を外したり、入力例を入れたりすることで、さらなる成約率向上を目指しましょう。

フォーム統計の活用法

ユーザーが各項目をどれだけ入力できているか確認できます。

なぜその項目が離脱されているのか、どうしたら改善できるかを考える材料として、データをご活用ください。

また、そのフォーム統計でデータを見ても顕著な問題がないケースもあります。

そんな時は、フォーム自体を装飾してユーザーの入力率を引き上げる施策を採りましょう。

統計データの説明

  • 入力開始数

    項目にフォーカスし入力状態に入った数

  • 入力開始率

    入力開始数をページビュー数で割った値

  • 入力完了数

    入力状態の項目からフォーカスを外した数

  • 入力中断数

    入力を開始したが完了に至らなかった数

  • 入力中断率

    入力中断数をページビュー数で割った値

  • 削除数

    削除ボタン(backspace delete 等)を押した回数

  • ペースト数

    クリップボードからコピー&ペーストを行った回数

  • エラー数

    エラーの検出数


03-6441-3336
メニューボタン閉じるボタン