入力支援機能 | SiTest

入力支援機能

離脱しにくいフォームに

入力支援で離脱しにくい
フォームに

ほとんどのサイトのフォームは入力が面倒です。

無駄な項目やアンケートは、ユーザーに余計な手間を増やします。

フォームを改善する1st ステップ、入力のエラーをその場で表示させる「入力支援機能」です。

本来入力エラーを表示させるためには、Javascript でフォームにコードを入力するなどプログラミング知識が必要です。

しかし、SiTest の入力支援を使えば画面上で簡単に設定できる上に、フォームが変わった場合でもすぐに修正が可能。

サードパーティのフォームでも対応可能です。

成功するEFO対策
3つの要素

① ユーザーがフォームにたどり着く数を増やすこと。フォームやショッピングカートへの誘導(母数)が増えることで売上はあがります。

② ユーザーがフォームでの入力開始率を高めること。平均離脱が70% と言われている中で、いくら沢山フォームにユーザーが集まっても入力をしてくれないとモノやサービスを売れません。

③ ユーザーの入力ミスを減らすこと。PC やスマホなど様々なデバイスから訪問してくるユーザーごとに、より入力しやすい補助をすることが大切です。ミスがあれば即座に知らせる機能があればモチベーションを落とさずに最後まで入力してくれる確率があがります。

EFO 対策は成約に至る最終段階の改善であるため、早い段階で取り組めば取り組むほど売上を伸ばすことができます。

EFO対策がもたらす
売上への効果

EC サイトの場合、商品の購入を完了するまでにいくつかのページを遷移しますが、その間にユーザーは離脱してしまいます。

ショッピングカートまで訪れたユーザーは、購入の意志が非常に強い層です。しかし、入力しづらいフォームであったり、何度もエラーが起きてしまったりすると、ユーザーの離脱率は跳ね上がります。

逆に言えば、この離脱率を減らすことができればユーザーの購入率が高くなり、売上アップに大きく貢献します。

カート到達後の成約率が低いと、当然最終的に成約する人数も少なくなります。

仮に100 人がショッピングカートに到達したとして、成約率が20% しかなければ成約する人数は20 人。

この成約率を50% まで引き上げる事ができれば成約人数は50人にまで増えますので、その分売上もアップします。

ショッピングカートに到達した確度の高いユーザーを漏らさないため、カートの最適化=EFO 対策を行ないましょう。

入力支援機能の活用法

入力の設定画面では、フォームの各項目で「必須かどうか」と「入力条件(半角のみ、「@」が含まれるメールアドレスのみなど)」を選択できます。

該当項目をクリックして選択するだけで完了するため、手間は一切かかりません。

また、特定のボタンをクリックして表示されるフォームであっても、 SiTest 内で同様の動きを行えば表示させることができますので、様々なフォームに対応して設定可能です。

設定できる支援機能

  • リアルタイムエラー通知機能

    必須項目が入力されていない時や、入力形式(電話番号、メールアドレス、URL、半角/全角 など)が間違っている時、入力の下限・上限文字数を超えている時など、入力の不備がある場合にエラーメッセージを表示します。必須項目の入力が完了するまで送信ボタンを押せないため、入力漏れを確実に防げます。エラーメッセージの内容やスタイルは任意に編集することができます。

  • 離脱防止POP UP 表示機能

    誤ってブラウザを閉じようとしたり、ページを戻る操作を防止して離脱を防ぐことができます。

  • 半角/ 全角自動変換機能

    自動で半角/ 全角を変換し、手間を減らします。

  • 禁止文字設定機能

    入力不可な文字を設定することができます。

  • 初期値表示機能

    一般的な初期値を表示しておくことで、入力の手間を減らします。

  • フリガナ自動入力機能

    自動でフリガナ欄を入力し、手間を減らします。

  • 住所入力補助機能

    郵便番号から住所を途中まで入力するなど、住所入力の手間を減らします。

以下のフォームから、『入力支援機能』をお試しできます。


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら

メニューボタン閉じるボタン