スクロールデータ | SiTest

スクロールデータ

ヒートマップ

スクロールのデータを定量的に分析

スクロールデータが売上の向上を導く

スクロールが数値化され、どの場所でユーザーが興味を失っているか、または興味を持ってくれているのかひと目で分かります。

特に、SiTest のAI(人工知能)によるAB テストは、スクロール率の統計データも活用しているため、離脱箇所の原因特定と改善のための自動テストが行われるメリットを併せ持つ優れもの。

コンバージョン率を上昇させるには、スクロール率の改善は100% かかせません。

特定ページへの誘導も全てがスクロールから始まります。マルチデバイスでの解析もできるため、個別の改善も可能です。

スクロールデータの活用法

縦軸は「到達地点」、横軸はページのある地点に対する平均閲覧時間と到達数( 到達率に切替可能) をグラフ化して表示します。

新規ユーザーとリピートユーザーなど、セグメント機能も搭載しているためそれぞれの施策が明確になります。 リピートユーザーを比較して見ることができます。

詳細な閲覧時間や到達率( 到達数に切替可能) の数値を表で一覧できます。

スクロールデータは、スクロール解析をより数値化したものです。

Google Analytics で離脱ページを把握しても、離脱しているランディングページの箇所がわからないと改善のしようがありません。

また上の図のように、新規ユーザーとリピートユーザーなど、セグメント機能も搭載しているためそれぞれの施策が明確になります。

Google とYahoo! の流入比較も可能であるため、リスティング広告をされている企業は、正確にそれぞれの媒体にあったページの修正、テストができるため、よりターゲットに合った改善が可能です。

SiTest コンサルティングチームも、特にこのスクロールデータは最もチェックする機能の1つであり、いかにスクロールさせていくかがコンバージョンアップにとても重要な考え方です。

スクロールだけなら無料から利用できるので、ぜひあなたのサイトがどのような状況なのかチェックしましょう。


03-6441-3336
メニューボタン閉じるボタン