株式会社グリムスベンチャーズ様│SiTest導入によりカート誘導率が140%に!解析データを基にしたABテストで無理なくサイトの改善が可能に | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

株式会社グリムスベンチャーズ様│SiTest導入によりカート誘導率が140%に!解析データを基にしたABテストで無理なくサイトの改善が可能に

導入事例:株式会社グリムスベンチャーズ様

 
 

スポンサーリンク

株式会社グリムスベンチャーズ様は、東証JASDAQ上場企業である株式会社グリムス様の100%子会社であり、様々な事業を行っております。
その中の事業の一つ、獣医師監修で安心安全の愛犬用栄養補助食品の通販「ペットシア」にてSiTestをご使用いただいております。
今回はSiTest導入の決め手から、導入によりどういった改善ができたのかについてご担当者である遠藤様にお話を伺いました。

endo話し手:株式会社グリムスベンチャーズ 遠藤様

hayashi聞き手:株式会社グラッドキューブ 林
 

1. SiTest導入の決め手

対象サイト

ペットシア 解析対象サイト

hayashiSiTestの導入を決められた理由は、何だったのでしょうか?
 
endoグラッドキューブさんには以前からリスティング広告運用をお願いしておりましたが、その中でずっとお世話になっている担当の方に導入を勧められたのがきっかけです。
Google Analyticsは導入していたのですが自分たちでの分析には限界があり、それでもある程度結果は出ていましたので、新たに別のツールを導入してサイト解析を行うことには当初あまり乗り気ではありませんでした。それでも、広告との相乗効果により改善が見込める、と勧められたので、まずは使用してみようと導入しました。
 
hayashi導入にあたり、不安はありませんでしたか?
 
endo正直なところを申しますと、不安はありました。SiTestの導入でかかる費用をそのまま広告費に上乗せしたほうが効果が上がるのではないか、と。
ですが、広告費を積み増して売上を上げるには限界があり、担当の方が仰ることも一理あるなと思いました。
一時的な効果で終わらせるのではなく、持続可能な効果を上げる施策も必要と提案されたことで、依頼することを決断いたしました。
結果としてはこの時に依頼して良かったな、という思いです。
 

2. SiTestの活用方法

実際のSiTest画面

ペットシア SiTest画面

hayashiSiTestを実際に導入されてみて、いかがでしたか?
 
endoそれまでもGoogle Analyticsは導入していましたが、活用できていませんでした。1枚もののLP(ランディングページ)ですので、視覚的に見て分かりやすいヒートマップは、お客様がページ内でどう行動しているのかを簡単に理解でき、新たな発見がたくさんありましたね。
 
hayashi新たな発見とは?
 
endo弊社が提供させて頂いている商品は、お客様の大切なご家族であるペット用の食品であり、実際にご利用になるにあたって不安も大きいと考えました。そのため、LP上の様々なコンテンツで安心感につなげていただこうと考えており、必要と思われる情報を全部盛り込んでいたためにとても長いLPとなっていました。
ところがヒートマップで見てみると、お客様が長く滞在しお読みになっているコンテンツと、実はあまり読まれることなく読み飛ばされているコンテンツがあることが分かりました。
ページ制作側とお客様側で「必要と思われる情報」の認識に乖離があることを痛感しました。

ヒートマップ解析の様子。特徴的な離脱ポイントがいくつかあった。

ヒートマップ解析

hayashiそれで、サイト改善に着手されたのですね。
 
endoヒートマップ解析のデータを基に改善案を考えました。ただ、その案が良い結果に結びつくかも分からないですし、一度ABテストをして結果を確かめたいと思いました。
 
hayashi確かに、いきなりサイトを変更するのはリスクですよね。
 
endoはい、今まで来てくださっていたお客様の反応も気になりますし、やはり一度テストをして改善の効果を確認し、それをサイトに反映させていくべきだと感じます。通常であれば、もう一つ別のサイトを作って出し分けをするか、解析ツールとは別のABテスト用ツールを導入してデータ連携させる必要があるでしょう。そこで、グラッドキューブさんに改めて相談しました。
すると、SiTest内でABテストもできるのでやってみませんか、とご提案いただきました。
SiTestは、サイト解析だけでなくABテストもオールインワンでできてしまうことを知り、早速使ってみることにしました。

ABテストの設計例。
離脱の原因と考えられるコンテンツの非表示、コンテンツ入れ替え等を行っている。ABテストの設計例

hayashiABテストの結果はいかがでしたか?
 
endo思った以上に差が出て驚きました。やはり、データを基にしているので、改善案にムダがなかったのでしょうね。一部コンテンツを非表示にしたり、順序を変えたり、また申込への遷移を促す箇所も減らしたのですが、その全てにデータの裏付けがあったからこそ、それがCVR改善として結果に現れたのでしょう。設定もとても簡単でした。
1ヶ月ほどのテストでしたが、改善率は140%以上と、とても満足がいく結果となりました。

ABテストの結果

図5

 

3. 今後挑戦していきたいこと

hayashi今後、SiTestをどのように使っていきたいか、イメージなどはございますか?
 
endo広告媒体ごと、デバイスごとでLPが異なりますので、それぞれのLPにいらっしゃるお客様の動きを解析して、それぞれのLPごとにカスタマイズした改善を行っていきたいですね。
今回の成功体験があるからこそ、サイト改善に前向きになれたと思います。そういった点でも、ご提案を頂いたことに感謝しています。
 
hayashi今回この事例を読まれている方へ、何かメッセージを頂けませんでしょうか。
 
endoグラッドキューブさんは広告代理店としてのノウハウ蓄積があるため、広告と連動した形で、どうしたらより売り上げにつながるのかをいつも考えてくださっているように思います。
サイトへの流入を増やす広告と、サイト改善、その両方を安心してご相談したりお任せできるのはとても心強いです。ぜひ、皆様にも体験してみて頂きたいなと思います。
 
hayashiそう仰って頂けて、大変嬉しいです。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。本日は、ありがとうございました。

最後に

グラッドキューブでは、広告での集客からサイト改善による購買率アップまで、一気通貫でお客様の利益最大化を支援することが可能です。
SiTestの導入により、ムダなく簡単に改善案を見つけ出し、実際に試すことができます。まずは、弊社コンサルタントまでお気軽にお問い合わせ下さい。

【お客様紹介】
図6
会社HPはこちらから

03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら