大阪イノベーションハブ 様|SiTest による解析+サイトリニューアルでページ回遊率が2倍に! | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

大阪イノベーションハブ 様|SiTest による解析+サイトリニューアルでページ回遊率が2倍に!

導入事例:大阪イノベーションハブ 様

スポンサーリンク

公益財団法人 大阪市都市型産業振興センター様が運営をされている「OSAKA INNOVATION HUB」のウェブサイトリニューアルを弊社で担当させていただきました。
今回はウェブサイトのリニューアルを行い、サイト改善に繋がった事例をご紹介いたします。

リニューアルを行った点

リニューアル前のトップページがこちらです。

ページのコンテンツがギュッと詰まっているような感じですが、
正直、あまり見やすいサイトとはいえず、ユーザーがどこを見ていいかがわからないページとなっておりました。

そこで、イベント押しのウェブサイトではなく「起業したい」というターゲットユーザーに向けて、しっかりと訴求できるようにキャッチコピーやコンテンツを設置しました。

さらに、リニューアル前に SiTest を導入し、ヒートマップ解析によるユーザーの行動を解析を行い、
以下のような、導線設計やコンテンツ改善を行いました。

・何のサイトかがよくわからず、注目されていなかったインビジュアルを改善
・ユーザーが気になる、知りたい点をファーストビューに追加
・ターゲットとなる「起業家」「イベント開催者」に向けた導線を追加
・イベント情報をシンプルに表示、開催カレンダーを設置
・どのページからでもイベント情報などのページが閲覧できるように固定ヘッダーを採用

ウェブサイトをリニューアルをした結果

ページビュー数 125% 増加

今回のウェブサイトではCMSを採用し、イベントページが簡単に作成できるようにいたしました。
そのため作業担当者の作業時間も大幅に削減し、コンテンツが増えることでアクセスの流入も増加しました。

ページ/セッション 2.14 → 4.24

ヘッダーナビゲーションやイベント情報ページの導線を改善したことで、多くのユーザーがウェブサイト内を回遊してくれるようになりました。

直帰率 58.50 → 49.08%

10%近く改善されました。
リニューアル前に比べるとファーストビューを明確にするこで、
直帰するユーザーが減ったと考えられます。

平均セッション時間 2分35秒 → 4分58秒

ユザーの平均滞在時間も大幅に向上しました。
イベントページの遷移がしやすくなったことで、サイト内を回遊するユーザーが増えたためと考えられます。

最後に

ウェブサイトのリニューアルをしたのにコンバージョンが下がった…ということはよくある話です。
根拠のないデザインだけのリニューアルで成果を上げることはなかなか難しいです。

リニューアル前にしっかりとサイトの分析を行い、根拠に基づいたリニューアルをすることで成果に繋がります。
弊社では、SiTest や GoogleAnalytics を使った解析を行いウェブサイトを制作することが可能です。

ウェブサイトのリニューアルをお考えの方は是非、お気軽にお問い合わせください!


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら