株式会社ツクイスタッフ 様|ヒートマップとABテスト機能で求人情報ページのフォームへの到達率、CVR向上に貢献 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

株式会社ツクイスタッフ 様|ヒートマップとABテスト機能で求人情報ページのフォームへの到達率、CVR向上に貢献

導入事例:株式会社ツクイスタッフ 様

株式会社ツクイスタッフ 様は、介護・福祉・医療分野に特化した人材派遣・人材紹介サービスを展開しておられます。
より多くの求職者の方々に当社サイトからご応募いただけるよう、サイトを構成していく上で欠かせない要素であるUI/UXの向上に日々努めておられます。
今回はSiTest導入の決め手から、導入によりどういった改善ができたのかについてご担当者である大原 俊成 様にお話を伺いました。

株式会社ツクイスタッフ 大原 俊成 様


ー どういった課題がありましたか?
WEB広告による露出を増やしていくごとに、UU・CVともに比例して増えていったのですが、CVRが改善されていないことが課題でした。トレンドを取り入れて様々なサイト改修を行いましたが、劇的な改善には至っていなかったです。

ー どういったことが決め手で導入いただけましたか?
Googleアナリティクスだけでは計測できないユーザーの動きを深く知る必要性を感じ、サイト解析ができるヒートマップツールを探していたところ、ビックサイトで開催されていたWEBマーケティングEXPOというイベントで「SiTest」に出会いました。ヒートマップツールは多数の企業からご提案をいただいていたのですが、ヒートマップだけではなく、ABテストやEFOなどがひとつの管理画面で操作できる仕様になっているところにとても共感を得ました。もっと詳しく内容を知りたかったので、後日当社にご来社いただきました。ひとつひとつの機能や操作について、とても丁寧にご説明いただいたことを記憶しています。「SiTest」が当社サイトの課題解決には必要なツールだと直感し、導入に至りました。

 

ユーザーの動きを可視化し、フォームへの到達率とCVRを向上


ー 現在、どのように活用していただいていますか?
社内のWEBチーム全員が「SiTest」を活用しサイト改修に活かしています。年に数回実施する大規模な改修の場合は、グラッドキューブ様にコンサルティングをお願いして「SiTest」をフルに活用し、企画から改修後の検証までご協力いただいております。

ーどのような効果がありましたか?
「SiTest」を導入してからまず最初に行ったのは求人情報ページの改善です。当社サイトは4万件以上の求人情報ページがあります。この求人情報ページの課題点を早期に見つけて、コンタクトフォームへの遷移率を上げることが重要でした。
 
求人情報ページを「SiTest」でスクロール解析すると、35%までの達成率と、それ以降の到達率に大きな違いがありました。また、クリック解析ではアクションボタンの認知度がわかり、タップ解析によりユーザーの動きも可視化され、ページ内の様々な改善箇所が明確になりました。検証結果を元に社内のデザイナーやコーダーと何度もMTGを重ね、ページ改修を実行した結果、コンタクトフォームへの到達率が大幅に向上されました。その次に、同じフローでコンタクトフォームの改善にも着手し、CVRを引き上げることに成功しています。CVRの向上によって求人情報ページからの集客性が高いindeed広告のCPAも大きく改善されました。

 

テスト機能で短期間で最適なパターンに辿り着き、CVRが大きく改善


次に課題となったのが、リスティング広告から経由するLPのCVR改善。
この課題解決に向けて活用したのがヒートマップとABテスト機能でした。
まずはヒートマップで現状を分析。すると、ファーストビューからスクロールするユーザーの劇的な減少傾向は見られなかったのですが、ファーストビューの滞在時間が短く、読み飛ばされている傾向がわかりました。ファーストビューのキャッチコピーが弱い、フローティングボタンによる影響などいくつかの仮説を立てることができたので、検証へと移ります。ファーストビュー以外にも改善が必要なコンテンツをいくつも見つけることができたので、最適なLPを完成させるためには、様々なパターンで検証しなくてはいけません。
この検証作業で活用したのが、「SiTest」のABテスト機能です。「SiTest」には、通常のABテストだけではなく、多変量テスト、フレキシブルテストなど様々なパターンで検証することができ、それを管理画面上でリアルタイムに行えるため、短期間で最適なパターンに辿り着くことができました。結果はご想像の通り、CVRが大きく改善され、indeedなどアグリゲーションサイトからのCVR改善に続き、ランディングページの最適化にも成功しました。ですが、最適化に終わりはありませんので、落ち着くことなく「SiTest」を活用し、仮説と検証を繰り返していきます。

―― ありがとうございました。