【新機能】クリック・タップの実数値を表示する新機能でアコーディオンやメニュー内リンククリックを可視化 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

【新機能】クリック・タップの実数値を表示する新機能でアコーディオンやメニュー内リンククリックを可視化

いつも SiTest をご利用いただきありがとうございます。
この度、ページ内の各要素の「クリック(タップ)数」を実数値で表示し、どのボタンや画像がクリックされたのかが視覚化できる「クリック(タップ)データ」機能を追加いたしましたのでお知らせいたします。

これまでヒートマップでは見えなかったハンバーガーメニュー・フローティングメニューの中や、アコーディオンで隠れた部分のリンククリック状況が可視化可能になりました。

ボタンや画像などへのクリック・タップを実数値で計測

「クリック(タップ)データ」とは

SiTest ではサイト訪問者の動きを視覚化する各種ヒートマップ機能をご提供し、ご好評をいただいておりますが、クリックやタップの実数値を計測し、より定量的にウェブサイトの評価を行いたいというご要望をいただいておりました。
この度の「クリック(タップ)データ」機能のリリースにより、今までより高い精度でページ内の行動を分析していただけるようになりました。

「クリック(タップ)データ」では、
・要素のクリック数
・表示されているすべての要素のクリック数に対する、各要素のクリック数の割合
のデータを、
①ページプレビュー上(マウスカーソルを要素に合わせることで表示)
②要素の一覧([要素の一覧を見る]をクリック)
の2つの方法でご確認いただけます。

①ページプレビュー上で表示
クリックデータ1

②要素を一覧で表示
クリックデータ2
また、[一覧をCSVで出力する] をクリックすることで、一覧に表示されているデータをCSV形式でダウンロードできます。レポートの作成時などに便利です。

「クリック(タップ)データ」で表示できる要素

「クリック(タップ)データ」は、
・すべてのリンク要素
・idが設定されたリンク要素
・リンク以外の要素
の中から表示したい要素を選択できます。

idを付与した一部のリンク要素に絞りこんで分析を行ったり、
リンクが設定されていないがクリック(タップ)されている画像やテキストを分析したりと、目的に合わせて設定を変更いただけます。

機能追加にともなう機能名の変更

「クリック(タップ)データ」の追加に伴いまして、混同が生じないよう、
各種ヒートマップの表示名を下記の通り変更いたしました。

「スクロール」→「スクロールヒートマップ」(すべてのデバイス)
「クリック」→「クリックヒートマップ」(パソコン)
「タップ」→「タップヒートマップ」(スマートフォン・タブレット

詳しい活用方法など、ご不明な点がございましたら、
お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

今後とも、SiTest / SiTest Lite を何卒よろしくお願いいたします。