SiTest (サイテスト) ブログ | SiTest (サイテスト) | ページ 5

メニューボタン閉じるボタン

最新情報を発信する
SiTest ブログ

SiTest の3種類のスプリットテストを徹底比較!あなたが使うべきスプリットテストを見極めよう

スプリットテスト

WEB サイトを、初めに作ったままで放置していないでしょうか?
根拠を持った WEB サイトの改善は行っているでしょうか?

弊社が提供している SiTest には、「スプリットテスト」という機能があります。
非常に便利な機能で、 WEB サイトの様々な改善案を簡単に試すことができます。
アニメーションを付けて強調したり、文言を編集したり、画像を挿入したり。。。

こうして作成した改善案を実際の WEB サイトに反映して、
アクセス数や反応を計測・分析することで、根拠を持った改善案を決定することができます!

SiTest には、状況に応じて使い分けが可能な3種類のスプリットテストがあります。
今回はこれらのスプリットテストの特徴をしっかりと理解し、
どのスプリットテストを使うべきかをしっかりと判断できるようになりましょう!

続きを読む >

マイクロコピーを改善してウェブサイトのコンバージョンを向上させよう

ウェブサイトでのコンバージョンを高めるための施策は色々とあります。
ページ構成やデザインの見直しとなると、それなりにコストや労力がかかってしまいますが、もっと小さな改善でもコンバージョンを向上させることは可能です。
今回は、効果的な「マイクロコピー」の作り方を実例を見ながらご紹介していこうと思います。

続きを読む >

line-bot-sdk-python の flask-kitchensink を使用して、LINE BOT を立ち上げてみる

ImageMessage send

LINE の Messaging API には line-bot-sdk-◯◯ という公式の SDK があります。
Python, PHP, JAVA, Go といった様々な言語に対応しており、LINE BOT をハックすることができます。

今回は、Python2.7.11 と line-bot-sdk-python を用いて、LINE BOT を作っていきます。

LINE BOT の立ち上げから、ngrok で検証する方法までを見ていきましょう。

続きを読む >

Node.jsの軽量webフレームワークExpress.jsの導入と拡張

Express とは

Express とは node.js の軽量 web フレームワークです。
node.js の web フレームワークの中でも最も有名なものです。
MEAN スタック の「E」の箇所と言えば有名なのが伝わりますでしょうか?

非常にシンプルでとっつきやすく、それ故に拡張性も高いです。
また有名なフレームワークでもあるのでかなりの情報が見つけられます。

続きを読む >

Python のウェブフレームワーク「 Pyramid 」を使って API サーバーを作ってみよう!

みなさんは Python でウェブサーバーを構築する時に、どのようなフレームワークを使用されていますか?

Rails ライクの Django 、軽量フレームワークの Bottle や Flask など、大小様々な思想でフレームワークが開発されています。

今回は Pyramid と呼ばれるフレームワークを使用して、API サーバーを作成する方法をご紹介します!

続きを読む >

コンテンツマーケティングってなに?実践の流れについて

「コンテンツマーケティング」という言葉をよく聞くけど、なんとなくのイメージで理解していませんか?

コンテンツマーケティングをするぞ!といっても、どこから手をつければ良いのかちょっと不安な方に向けて、今回はコンテンツマーケティングについて整理していくとともに、その実践の流れについてご紹介したいと思います。

続きを読む >

今更ながら SDK について調べてみた

ネイティブアプリの開発で様々な実装を追加できる SDK という単語をよく耳にします。
この SDK とはどんなものなのか、システムを構築する上で API を用いることも多いのですが一見似たようなものという印象があります。
そこで普段ウェブ系の開発をメインに取り扱ってるのですが、SDK とはなんなのか調べて見ました。

続きを読む >

SiTest のセグメント機能を徹底解説!自由自在な切り口でデータ解析しよう

セグメントアイキャッチ

SiTest には、WEB サイトの「アクセス解析」「ABテスト」「フォーム改善」など、
WEB サイトの改善に必要な機能がオールインワンで入っているツールです。

アクセス解析で重要なのが、セグメントです。
セグメントとは、もともと「区切り」「部分」という意味です。
アクセス解析の場合、セグメントとは特定の切り口でデータを絞り込むことを言います。
セグメント機能を使いこなすことで、自由自在にデータを解析してみましょう!

続きを読む >

Python のリスト処理について、まとめました。―for 文、組み込み関数(map)、内包表記―

Java などの他の言語に慣れてから Python を始めると、はじめはシンプルな構文もあって、サクサク書けるのですが、ふとしたところでつまづきがあります。私にとって、それはリスト処理でした。Python でリストの中身を処理したいけどやり方がたくさんありすぎる…普通は for ループでいいんだろうけど、内包表記とか、map とかいろいろあって、どれを使えばいいのかわからない…なので、調べてみました。調べたのは Python3.x です。
続きを読む >

Webで扱うデータの変遷・テキスト、XML、そしてJSONへ

Webで扱うデータの変遷・テキスト、XML、そしてJSONへ アイキャッチ画像

こんにちは、プロダクト開発チーム エンジニアの森永です。

Web上でデータのやり取りを行う際に皆さんはどのようなデータフォーマットを使用しているでしょうか?テキストでやり取りしたり、あるいは XML 形式のデータをやり取りするケースもあるかと思いますが、最近は JSON を使うケースが増えてきているような感があります。

続きを読む >

1 2 3 4 5 6 7 8 9 53

03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら