11月 | 2016 | SiTest (サイテスト) ブログ | ページ 2

メニューボタン閉じるボタン

最新情報を発信する
SiTest ブログ

人工知能が得意な分野、苦手な分野とは?

こんにちは、プロダクト開発チームの牧です。

ここ数年で人工知能ブームが再来し、ロボットやIT系に限らず
多くの分野で人工知能を導入する動きが出てきています。
様々な場面で活躍が期待される人工知能ですが、
何ができて何ができないのかしっかりと把握されていますか?
今回は人工知能の得意分野、苦手分野を纏めてみましたのでご紹介します。

続きを読む >

アクセス解析の第一歩「直帰率」と「離脱率」の違いを理解する。

アクセス解析では、まず注意するべきポイントとして「直帰率」と「離脱率」があります。
基本中の基本と言えますが、その数値の特徴や、よく似た指標であるので混同してしまっているケースもあるようです。
今回のエントリではその違いと特徴を解説します。
続きを読む >

将棋ソフトにみるAI強化の手法

前回「将棋ソフトにみるAIのアルゴリズム」の続きです。

近い将来様々なAIのサービスが登場すると思われますが、競合サービスAとBのAI、どちらが優れているのでしょうか?
私が企業ならばより成功へ導いてくれるコンサルAIに頼みたいものですし、
自動運転をする自動車なら事故を未然に防いでくれるし、事故にあっても最善の動きで搭乗者や歩行者の命を高い確率で守ってくれるAIであって欲しいものです。

今回は機械学習が既に一般的なコンピューター将棋の世界から、どのようにAIが改良されるのかご紹介していきます。

続きを読む >

将棋ソフトにみるAIのアルゴリズム

AIが現在注目され、どんな世界になるか様々な想像や推測が飛び交っています。
将棋の世界では一足先に棋士を負かすような強いAIが登場し、既にある程度共存していると言っても過言ではない状態となっています。

そんな一足先にAIと現実が融合した将棋の世界を紐解きつつ、
人とAIの関わり方を考えていきたいと思います。

続きを読む >

【イベント情報】当社CEO金島がad:tech kansai公式セッションに登壇します。

当社代表取締役 CEO 金島弘樹が2016年12月1日よりグランフロント大阪 ナレッジキャピタルで開催される「ad:tech kansai 2016」において公式セッションに登壇します。
今回のセッションでは幅広い業界の最前線で活躍しているマーケッターをパネリストとしてお迎えし、AI(人工知能)が変革するビジネスとデジタルマーケティングの将来像について語ります。
続きを読む >

Webページにチャットボットを埋め込もう!誰でも簡単に対話型人工無能ボットを作れる「Meya.ai」とは?

Sample site

今年、注目のチャットボット。
LINE, Twitter, Facebook, Slack等
様々なツールと連携できるようにもなり、よく目にすることも増えてきました。

MicroSoftの「りんな」のような、対話型ボットをWebサイトに埋め込みたいですよね。

ただ、難しそうですよね。
そんな課題を解決するのがご紹介する「Meya.ai」です。

実際に作りながら、見ていきましょう。

続きを読む >

1分でReactの開発環境を構築できる「Create React App」とは?

Create React App

「今年、トレンドのReactを触ってみたい」と思っていても、まず開発環境を作らないといけないという障壁から、断念されるかたも多いのではないのしょうか?

開発環境の構築をすっ飛ばしてとりあえず触りたいですよね。

そこで今回はReactの開発環境を1分で構築できるFacebookが公開したビルド環境「Create React App」を紹介していきます。

続きを読む >

深層学習(Deep Learning)とは?非エンジニアが説明してみた。

今回は非エンジニアの視点から、今一番話題の深層学習(ディープラーニング)について説明してみたいと思います。
今の人工知能ブーム(一過性の「ブーム」という言い方はもうそぐわないかもしれません)の立役者とも言えるディープラーニングですが、いわゆるマシンラーニング(機械学習)や、従来の人工知能とは何が違い、何が期待されているのでしょうか?
続きを読む >

センス不要!エンジニア向け『マテリアルデザイン』のすすめ

こんにちは、プロダクト開発事業部、エンジニアの明石です。
エンジニアの皆さん「UIデザイン」は得意でしょうか?

おそらく、得意という方はあまりいないと思います。そもそもデザインは「担当ではない」かもしれませんし、明確な不得意意識を持ってらっしゃるかもしれません。

しかし、人員、納期、アプリケーションの用途などで「特にかっこよさで目を引くことは無いけど、普通にわかりやすく、使いやすいシンプルな」そして「デザイナーの手をわずらわせることがない」UIが短期間で必要になる場合は意外と多いと思われます。
続きを読む >

WordPressサイトもプラグインで簡単AMP化!

今回はWordPressで構築されたサイトをプラグインを使ってAMP対応する方法についてご説明します。
WordPressはサイト制作にあまり詳しくないユーザーでも非常に使いやすい反面、深く仕組みをがわからないためどのように対策して良いのかわからない、という方もいらっしゃるかと思われます。
続きを読む >

1 2 3 4 5