Google マイビジネス、きちんと登録できていますか? | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

Google マイビジネス、きちんと登録できていますか?

スマートフォンやタブレットの普及により、生活者の情報接触の手段が多様化しています。
たとえば、街を歩いている時にラーメンが食べたくなり、その場で検索して近くの評判のいいラーメン店にたどり着く…スマートフォンやタブレットのユーザーなら、似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか?
より多くのユーザーに自社の情報を見てもらい、アクションを起こしてもらいたいと考えている方におすすめしたいサービスが「Google マイビジネス」です。
これは Google 検索結果画面で、検索結果の右欄に地図や企業情報などの情報がわかりやすく表示される、というものです。Google が無料で提供しているサービスですので、まだ登録をされていない方はぜひ Google マイビジネスに登録をしておきましょう。

スポンサーリンク

Googleマイビジネスとは


Google マイビジネスは、 Google 検索や Google マップなど、さまざまな Google サービス上にビジネス、ブランド、アーティスト、組織などの情報を表示し、管理するための無料ツールです。


上記のように、PC で検索した際に検索結果画面で、この「ビジネスのオーナーですか?」という表示を見た事がある人もいるのではないでしょうか?
これは、まだ Google マイビジネスへの登録が完璧ではないことを意味しています。所在地や代表電話番号が入っていたとしても、営業時間までは入っていない事も多いです。このローカルパネルの情報は、利用者にとってとても便利なものです。必ず過不足なく登録するようにしましょう。

Google マイビジネスを登録するメリット

●ひと目で詳しい情報を確認できるほうがビジネスチャンスが増える

Google マイビジネスを登録することで、表示の最適化ができます。
スマートフォンやタブレットから検索したユーザであれば、その目的地までのルートをワンタップで表示する事もできます。ローカルビジネスの設定をすることで、ユーザーがスムーズにあなたの会社・店舗にたどり着く事ができるようになります。

●ローカル検索結果を改善できる

もし複数の競合がいた際、一体どのような仕組みで上位に表示されるのでしょうか?
この問いに対し、Google は(珍しく)公式ブログで紹介をしています。その内容を見ていきましょう。

まずは、Google マイビジネスに登録し、

「ビジネスのオーナー確認」
「営業時間の情報を正確に保つ」
「クチコミの管理と返信」
「写真を追加」

をするように推奨しています。
また、上記に加えて次の3つのポイントも重要です。

ローカル検索結果を改善する3つのポイント

1.「関連性」

関連性とは、検索極とローカル情報が合致する度合いを指します。
Googleマイビジネスに充実した情報を掲載すると、ビジネスについて的確な情報が提供されます。
これにより、Googleマイビジネスに入力した情報とユーザーの検索極との関連性が高まり最適化されます。
したがって、情報を正確に書くだけでなく、分かりやすく豊富に情報を盛り込む事でローカル検索結果を改善する事が出来ます。

2.「距離」

ローカル検索では、検索した位置と、お店までの距離も重要な要素です。
「大阪 居酒屋」と検索すれば、大阪の居酒屋が検索結果に現れますが、単に「居酒屋」と検索した場合には、検索したスマートフォンに場所に応じてそのエリアのカフェの検索結果を表示するということです。

3.「知名度」

知名度とは、ウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)のことです。
Google での口コミ数でも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。
口コミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなる傾向にあります。

上記のように、ローカル検索結果を改善する方法は Google マイビジネスの情報を充実させることです。
営業時間情報に加えて、写真を公開しましょう。
写真はいくつでも掲載できますので、商品やサービスが分かる写真だけでなく、店舗の外観の写真も公開するようにしましょう。
見込み客となりうるユーザーがこれを見てアクションを決める場合もあるため、非常に重要な情報です。

さいごに

いかがでしたでしょうか?
ユーザーがウェブで自然検索した際に正確な情報が表示されれば、予約の電話をかける、来店するためにマップを起動する、友人にホームページのリンクを送るなど、ユーザーが行動を起こすモチベーションのアップにつながります。
また、Googleマイビジネスの情報が充実していると、ユーザーの検索語句との関連性が上がることでユーザーにとって有益な情報が記載されていると判断され、検索順位も上がりやすくなることが Google の公式ブログでも発表されています。
まだ登録されていない方はぜひお試しください。