Google アナリティクスの「参照元」と「直接セッション」を徹底解説 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

Google アナリティクスの「参照元」と「直接セッション」を徹底解説

Google アナリティクス では、ユーザーがどのような経路から流入してきたのかを「参照元(リファラー)」によって表しています。こちらは一般的な「参照元」の定義と少し異なるので、注意が必要です。この定義の違いと、それを補助する「直接セッション」のディメンションについて、詳しく説明していきます。

Google アナリティクスの「参照元」とは

まずは「参照元」の定義を知っておきましょう。
一般的に、参照元とは、流入元のサイトのことを指します。
例えばあるユーザーが欲しい商品を探すため、Google検索を行って、検索結果から通販サイトの商品ページに遷移したとすると、通販サイトのアクセス解析を行った際には、Google検索 が参照元となります。
参照元を分析することで、訪問者がどこからそのページに訪問したかがわかります。参照元は、「リファラー」とも呼ばれます。

合わせて知っておくべき用語として、「メディア」があります。メディアは流入元の種類、タイプを表しており、デフォルトではGoogle 検索であれば、「organic」に振り分けられ、リスティング広告などの有料広告からの流入の場合は、「cpc」に、ディスプレイ広告などからの流入の場合は、「display」のように振り分けられます。
Google アナリティクスにおいては、一般的な参照元とは異なった定義となっています。ブックマークや直接URLを記入するなど、本来参照元なし(ノーリファラー)となる流入についても、
前回訪問時の流入元を「参照元」とカウントします。前回の訪問もノーリファラーであった場合、何かしらの参照元が確認できるまで訪問回数を遡って表示します。


1回目訪問時は検索エンジンから流入し、この時にブックマーク登録、2回目訪問時にブックマークから流入した場合、「参照元/メディア」は「google/organic」となります。
1回目訪問時は検索広告からから流入し、その際URLをコピーしてあり、2回目、3回目は直接URLを入力して流入した場合、「参照元/メディア」は「Yahoo/cpc」
となります。

直接セッションとは

前述のとおり、Google アナリティクスでは「参照元」の定義が一般的な認識と異なっておりますが、「直接セッション」のディメンションを用いることで、その訪問自体の参照元が表示されているのか、その訪問は参照元なし(ノーリファラー)で、遡った参照元が表示されているのかがわかります。

直接セッションで有るかどうか確認する方法(セカンダリディメンション)

「チャネル」のデータを見ているときなどに、直接セッションであるかどうかを確認したい場合には、セカンダリディメンションで「直接セッション」を選択します。


「YES」や「NO」と表示されていますが、遡った参照元が表示されている場合(実際のセッションは参照元なし)「YES」 そのセッションの参照元である場合「NO」となります。
「メディアはorganicと記録されているが、本当はダイレクトトラフィックだった」といった場合がどれくらい有るかがわかり、ユーザーの行動が明確に理解できるようになります。

まとめ

Googleアナリティクスの参照元の定義を理解していないと、数値をそのまま受け止めてしまい、ダイレクトの流入を軽視してしまいがちです。
特にリピーターが多いECサイトなどでは、実際のセッションが参照元なしで有ることもよくあります。
「直接セッション」の存在をしっかり理解して、厳密な数値を算出できるようになりましょう。

このようにGoogleアナリティクスは訪問者の流入元の情報を知ることができる強力なツールですが、
訪問者がページ内でどのような動きをしているかなどはわかりません。
解析ツール SiTest(サイテスト) では、豊富な機能でユーザー行動を理解し、ウェブサイトを分析・改善するのに役立ちます。

SiTest は、無料トライアル期間も設けておりますので、気になった方はお気軽に以下のリンクをクリックしてお申し込みください。
今までウェブサイトの活用が十分でなかったBtoB企業さまや店舗型の企業さまには、導入コンサルティングも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

▼無料トライアルのお申込みはこちらから
https://sitest.jp/register.html
▼お問い合わせはこちらから
https://sitest.jp/toiawase.html
▼「SiTest TV」気になった方はチャンネル登録もよろしくお願いします!

今すぐお気軽に
ご相談ください。

0120-315-465

(平日 10:00~19:00)

今すぐお気軽に
ご相談ください。

0120-315-465

(平日 10:00~19:00)

グラッドキューブは
「ISMS認証」を取得しています。

認証範囲:
プロモーション事業部、プロダクト開発、メディア事業部
インターネットマーケティング支援事業、インターネットASPサービスの提供、コンテンツメディア事業

「ISMS認証」とは、財団法人・日本情報処理開発協会が定めた企業の情報情報セキュリティマネジメントシステムの評価制度です。

いますぐ無料で
お試しください。

SiTest の革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。
利用規約

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】