AMP用ページをGoogle Analyticsで計測するには? | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

AMP用ページをGoogle Analyticsで計測するには?

以前、当ブログでWordPressユーザーを対象にプラグインを使用したモバイルページのAMPページ化について解説していますが(そのブログはこちら)、AMPに対応するためにAutomattic社がリリースした「AMP-WordPress Plugins」(以下AMPプラグイン)を使用しました。

スポンサーリンク

ただ、このプラグインを使用するとアクセス解析用のJavaScriptも省略されてしまうという問題があり、折角のAMP対応もアクセスされているのかどうかがわからない状態になります。

また、通常のGoogle AnalyticsのトラッキングコードがAMPページに有るとエラーの原因となり、Google検索結果にAMPページとして表示されません。

折角のAMP対応でどれぐらいのアクセスに変動が有ったのか確認していくためにも、今回のエントリではそれぞれの環境に応じた解決方法を解説したいと思います。

WordPress&AMPプラグインを使用している場合

AMPプラグインを使用してAMP化したのであれば、追加でFacebook Instant Articles & Google AMP Pages by PageFrog
というプラグイン(以下PageFrog)を使うと簡単にGoogle Analyticsに対応することができます。
flog1

インストール

他のプラグイン同様、インストールし有効化すると左側のメニューに新たに「Mobile Formats」が追加されているはずなので設定を行っていきます。

1.Setup 
AMPプラグインが有効化されているとSetup画面のGoogle AMP HTMLの項目が完了していることがわかります。
AMPプラグインが未設定の場合は、先に導入を済ませなければなりません。
flog2
2.Styling 
プレビュー画面を見ながら、AMPページのデザインを変更できます。
AMPプラグインでも文字色、背景色など変更ができましたが、PageFrogのほうがカスタマイズできる要素が多いです。
flog3
3.Analytics 
flog4
Googleアカウントと連携し、Google Analyticsのどのプロパティを使用するかを設定します。
既存のプロパティを連携しても計測自体は可能ですが、AMP対応ページは現段階では通常ページと切り分けて計測することをGoogleは推奨しています。
あらかじめGoogle Analyticsの「管理」→「プロパティ」で「新しいプロパティを作成」しておき、通常のGoogle Analyticsの実装と変わらないものかどうか確認できるまで使用することにします。
flog5
対象のプロパティを指定したら「Enable Integration」で設定を有効化させ、完了です。
 
4.Ads 
PageFrogはAMP化ページのGoogle Analytics対応だけでなく、Google AdSenseの有効化も可能です。
 
5.Settings 
flog8
PageFlogではAMP化させるページをページごとに設定可能です。
基本設定として、全てのページの適応させる、させないといったこともできますし、固定ページをAMP化することもできます。
プラグイン有効直後はまだAMPページが出来上がっていない状態ですので、必要なページのタイプにチェックを入れ有効化させておきましょう。

WordPressを使用していないウェブサイトの場合

WordPressのプラグインが非常に便利で、容易にAMPページ化&Google Analytics対応ができてしまうため、それ以外の通常に構築したウェブサイトのほうが導入が困難なのではないか?と思わずにいられません。

AMP ページにアナリティクス コードを設定する方法(Google Analytics Solutions)では、
・amp-pixel
・amp-analytics
という2種類のアクセス解析が可能な手段を公開しています。

Google Analyticsはamp-analyticsをサポートしており、AMPページの状況をGoogle Analyticsで計測することが可能です。

設置方法

次のJavaScriptコードを、<head>~</head>内の、かつAMP JS libraryよりも前に記述します。

amp11

そして、次のコンポーネントを追記。

amp10

以上で完了です。

最後に

やはり注意しないといけないのはGoogle Analyticsを通常のプロパティとは別で作成しておくということでしょう。

AMP はこれから時間をかけて完成していく新しい技術であるため、一般的な Web アナリティクスの実装と同じことが、AMP の計測ではすぐに実現できないこともあるかもしれません。AMP は、従来の Web ページの配信方法以外にも、様々な異なる配信形態があり、それらは異なるキャッシュを介して配信される場合があります。そのため、AMP 対応されたページを訪れたユーザーとと従来の HTML で作成されたページを訪れたユーザは、たとえ同じユーザーであっても、それぞれが異なる 2 人のユーザーとして識別される場合があります。混乱を避けるために、これらを踏まえて AMP 計測のための Google アナリティクス プロパティは、従来の計測用プロパティとは別に作成していただくことをおすすめしています。

AMP のはじめ方(Google Analytics Solutionsより)

秋からはAMPカルーセルの上位に掲載される「Live Ticker」枠の適応が予定されており、モバイルの画面をAMP対応コンテンツが埋め尽くしてしまう可能性もあります。
無理に対応を急ぐ必要はありませんが、まずはアクセス解析で通常ページとどれほどの違いが出てくるのか確かめてみてはいかがでしょうか?