人工知能はWebサイト作成の夢を見るか?Wix ADIを実際に試してみた。 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

人工知能はWebサイト作成の夢を見るか?Wix ADIを実際に試してみた。

こんにちは、プロダクト開発チーム エンジニアの森永です。

最近の人工知能の技術発展は速いスピードで進んでおり、既に様々な分野で実用化、あるいはそれに向けた動きも多数あることは本ブログでも頻繁に取り上げております。
フロントエンドの世界でも人工知能によるサイト作成について、海外では既に実用化に向けた取り組みが行われています。
今回はそのうち2つを紹介いたします。また、実際にそのうち1つを試してみましたのでそちらについても紹介いたします。

The Grid

The Grid

https://thegrid.io/

AIによるサイト作成に特化したスタートアップです。2015年にβ版としてサービスがローンチされました。

ユーザーが管理画面から文字、写真をアップしてカラースキームを決めるだけで、人工知能がWebサイトを作成するというサービスです。

ドメイン取得料、サーバー使用料込みで年間98ドルからという料金は判断が分かれるところかもしれませんが、サイト作成の常識を覆す可能性も秘めており将来のさらなる普及が期待されています。

Wix ADI

Wix ADI

http://www.wix.com/about/adi-get-access

もう1つは、サイト作成サービス企業のWixが昨年ローンチした「Wix ADI」(Wix Artificial Design Intelligence)です。

こちらは先ほどのThe Gridとアプローチが異なり、テンプレートを選択後に会社の事業分野、どのような目的でサイトを使うかなど幾つかの質問に答えていくとサイトが作成されるというプロセスになっており、既存のサイト作成の流れの一部を人工知能に任せるという方法でサイト作成を進めることができます。

Wix ADIを試す

紹介した2つのうち「Wix ADI」は無料でサイト作成が可能なので、実際に試してみました。

ただし、2017年1月現在、Wix ADIは英語版のみのサービスとなっておりますので、ただ単にWixへ登録するのみでは行えず、アカウントメニューで言語を英語に切り替えないといけませんのでご注意ください。
また、1月時点ではWix ADIでサイトを作成する際は通常のWixでのサイト作成方法と若干異なりますのでこの点も注意が必要です。
※ここにたどり着くまでかなり苦労しました。

1. サイト作成着手

Wix ADI画面(1)
ログイン後ヘッダー右上メニューの「+」ボタンを押すと、作成するサイトのジャンル選択画面に進みます。

Wix ADI画面(2)

Wix ADI画面(3)
ジャンルを選択すると、ADIで作成するか通常のサイト作成エディタで作成するかの選択画面になりますので、ここで左側の「Create Your Website with Wix ADI」を選択します。

2. 項目入力

Wix ADI画面(4)

業務内容、サイトの特性、サイト名、場所といった質問に答えていきます。

3. 人工知能によるサイト作成

Wix ADI画面(5)

Wix ADI画面(6)
ADIによる作成スタートのボタンを押し、サイトのデザインテイストを選ぶと、1分ほどで人工知能がサイトのサンプルを作成します。

Wix ADI画面(7)
ここから先は手で修正していくことになるため、現段階ではADIは「サイト作成の第1ステップを助ける」という形ではありますが、今後どんどん学習して機能が強化されていくものと思われます。

※実際にWix ADIで作成したサイトのサンプルもこちらで公開いたします。

まとめ

今回紹介した「The Grid」「Wix ADI」のように、今後はサイト作成にも人工知能がますます入ってくることが予想されます。

フロントエンドへの人工知能搭載はまだまだ発展途上の技術ではありますが、将来的にメンテナンスなども人工知能が自動で行うようになってくるとフロントエンドの世界も大きく変わっていくのではないでしょうか。

弊社のSiTestに搭載されている機能の一つ「AIレポート」も人工知能がサイトの改善点をレポートとして出力しますが、サイト作成、改善、メンテナンスといった一通りの工程が人工知能によって自動で行われる日もそう遠くないと思われます。