次はどんなお菓子?「Android O」開発者プレビューがリリース | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

次はどんなお菓子?「Android O」開発者プレビューがリリース

こんにちは、プロダクト開発チーム エンジニアの森永です。

スマートフォンのOSといえば、現在はAppleが開発しておりiPhoneに搭載されている「iOS」とGoogleが開発しており各社のスマートフォンに搭載されている「Android」がメジャーですが、米国時間の2017年3月21日、Androidの次期バージョン「Android O」の開発者プレビューがリリースされました。正式バージョンは2017年秋にリリース予定となっております。

今回はその「Android O」の主な新機能を紹介いたします。

Android Oの主な新機能

バッテリー消費改善

スマートフォンにとって常に付きまとう問題として挙げられるものが「バッテリー寿命」です。アプリを複数起動しているとあっという間にバッテリー残量が少なくなっているという経験をされた方も多いかと思います。

Android Oではバッテリー消費の改善策として、バックグラウンドで動作しているサービスの動作を制限する機能が追加されました。例えばメールを読んでいる間に最新ニュースなどをバックグラウンドでの通信処理で取得するケースでは、ニュースの取得頻度を下げるなどの制限が行われるものと思われます。

通知チャンネル、通知スヌーズ

メール、メッセージ、最新ニュースなどの着信、受信があった際にディスプレイなどで通知を行う通知機能について、Android Oではアプリごと、ユーザーごとなどで優先度、重要性や音、振動、表示方法の設定を行ったり、グループごとにまとめることなどが可能になりました。

Android O 通知画面

通知画面(画像引用元:Android Developers Blog)

また、通知を一旦非表示にして一定時間後に再度表示を行う「通知スヌーズ」も新規追加されました。

オートフィルAPI

これまでもブラウザ起動時はユーザー名、パスワードや検索キーワードの入力時に「自動補完機能」が動作するように設定することが可能でしたが、Android Oでは自動補完が独立したアプリ/APIとして搭載されました。

これにより、ブラウザ以外の各アプリでも自動補完機能がキーボードと同じ感覚で使用可能となります。

Picture in Picture

動画を別のウィンドウで開いて視聴しながらもアプリの操作が可能となる「Picture in Picture」機能。
iOSではバージョン9から搭載されていました。

Androidでは今までAndroid TVのみの対応でしたが、このバージョンからスマートフォン、タブレットでも利用できるようになりました。

LDACコーデック対応

Bluetoothにて高音質のオーディオを無線で飛ばすことの出来るLDACコーデック。2015年にソニーが発表したコーデックですが、今回ソニーからの技術提供によりAndroid Oで対応されることになりました。

以上、主な新機能を挙げましたが他にも多数の新機能搭載が予定されております。詳細はAndroidの開発者プレビューサイトに記載されておりますのでこちらもご参照ください。

Android「O」が意味するもの

Androidはアップデートごとに新たなコードネームが付けられており、3番目のバージョンであった1.5には「Cupcake」、以降のバージョンではD、E、F……とアルファベット順にそのアルファベットで始まるお菓子の名前がつけられています(最初の2つのバージョンではコードネームがなかったため3番目のアルファベットである「C」から始まったものと思われます)。

Android O イメージ

一覧がWikipediaにまとめられていますが、いかにもアメリカらしいお菓子が多いです。中には「KitKat」といった商品名もあります(実際にネスレ社とのコラボ商品も販売されました)。

「O」についてネット上では「Oreo」と予想する声が多いようですが、正式リリース時にどのようなお菓子になるのかという点も、今回の楽しみの一つと言えるでしょう。

また、今回の開発者プレビューについてはNexus 5X、Nexus 6P、Nexus Player、Pixel、Pixel XL、Pixel Cで試用することも可能です。

さらに便利になっていくAndroidの新バージョン「O」、正式リリースが楽しみです。