11月 | 2016 | SiTest (サイテスト) ブログ | ページ 4

メニューボタン閉じるボタン

最新情報を発信する
SiTest ブログ

AIのリテラシーを高めよう!ビジネスマンが読んでおきたい人工知能本5選

既に人工知能の及ぼす影響はビジネスマンにとっても今後のビジネスを考える際に切っても切れないものになりつつあります。

エンジニアが技術の習得のために様々な技術書・参考書を読み込み最新の情報をチャッチアップするように、非エンジニア(一般的なビジネスマンとしておきます)にとっても人工知能とはなにか、何ができるのか、何に使われているのか、ぐらいは把握できていないと仕事の仕方に支障がでてくる時代になってくるかもしれません。
数年後には人工知能があなたの同僚、上司、あるいは顧客になっている可能性すらあるのです。
続きを読む >

Node.jsを使ってGoogle Analytics APIからデータを取得してみよう

こんにちは、プロダクト開発チームの牧です。
最近、Google Analyticsを触ることが増えてきているのですが、
せっかくなのでGoogle Analytics APIからデータを取得してみました。
今回は、Node.jsを使ってGoogle Analyticsのデータを取得する方法をご紹介します。

続きを読む >

人工知能を取り入れた画像・動画向けWebサービスを試してみた。

画像処理や画像解析は、コンピュータでできることのひとつの定番です。いろいろな画像データを思うままに加工したり編集するのは、アナログ写真の時代では不可能でした。
また昔は画像のレタッチやフィルタリング、動画編集もプロのデザイナーのテクニックで、今のようにボタン一つで手軽にできるようになったのもスマートフォンの普及など手軽な撮影環境が整ったことが大きいでしょう。
今回は、更に画像・動画を人工知能で加工したり解析したりするWEBサービスについて取り上げたいと思います。
続きを読む >

Yahoo!プロモーション広告、スポンサードサーチの右側広告枠が廃止!その影響度を測定してみました

2016年10月19日に、Yahoo!プロモーション広告、スポンサードサーチでデスクトップの検索結果に表示されていた画面右側のリスティング広告枠が廃止となりました。
次は11月16日に「拡大テキスト広告」の導入が予定されており、Yahoo!プロモーション広告、スポンサードサーチがますますGoogle AdWordsの仕様に近づいていくことになります。
今回は、実際に右側広告枠廃止の影響についての検証を行いました。
続きを読む >

インハウスデータベース活用「顧客分析」について考えてみる

今回のエントリでは、アクセス解析・サイト改善から少し離れて「顧客分析」について考えてみたいと思います。
いままでGoogle Analyticsを使い始めたばかりの方を対象に、コホート分析、セグメント機能などをご説明してきましたが、今回は機能面ではなく、顧客分析の基本的な手法についてご説明します。
続きを読む >

人工知能に強くなろう!次世代エンジニアに薦める書籍4選

TensorFlow, CNTK, DSSTNE, Watson等、人工知能に関する技術が増えてきており、
エンジニアとしても無視できないようになってきました。

次世代エンジニアになるための準備として、人工知能・機械学習の書籍を読み、理解していきましょう。

今回は、オススメの書籍4冊をご紹介いたします。

続きを読む >

人工知能使っていますか?日米の導入状況をまとめました。

今までAI(人工知能)を活用したサービスや、事例についていくつか紹介してきました。
この数年でAI(人工知能)は飛躍的に進化していますが、それを活用するのは人間、特にビジネスにおいては企業です。
今回は人工知能導入に対する現状と意識をまとめてみました。
続きを読む >

世界を変える「弱いAI」の力

プロダクト開発チーム エンジニアの明石です。

未来の技術として期待や不安の目で見られている人工知能。
私達の生活をいい方向に変えるという人もいれば、破滅をもたらすという人もいます。

続きを読む >

超便利なWeb Components用語解説

弊社の幾つかのプロジェクトでは、最新のWeb技術であるWeb Componentsを採用しています。

これは広い意味でのHTMLの進化系であり、ビューとロジックをひとつの固まりとして、オリジナルのカスタムエレメントの中に閉じ込めることによって、全体の構成がわかりやすくなったり、それを再利用できる。という利点があります。
続きを読む >

注目の人工知能会話アプリ・チャットボットサービス7選

「人工知能」といえば対話型…そう思っていたときもありました。
日本人は子供の頃からアニメなどでロボットと友達になる、といった内容に触れているからか、機械を擬人化して親しみを持つことに抵抗が薄いそうです。
続きを読む >

1 2 3 4 5