アクセス解析の重要指標「直帰率」「離脱率」を改善するためのポイント | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

アクセス解析の重要指標「直帰率」「離脱率」を改善するためのポイント

ウェブサイトを運用していく上で、アクセス解析は大切です。
その中でもよく重要指標として登場する「直帰率」「離脱率」。
お問合せボタンがついているページや、EC サイトの注文ページなど、ユーザーアクションを促すページでの直帰率、離脱率が高い際には改善が必要になります。
改善対象となるページを洗い出す際の指標として、「直帰率」「離脱率」を確認していきましょう。
今回は、直帰が多いページの考えられる原因と改善するためのポイント、そしてに直帰率、離脱率の調べ方についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

直帰率・離脱率の違い

「直帰率」「離脱率」の違いはご存じでしょうか?
混同されやすい2つの指標ですがこれらは別物です。

●直帰率

直帰率とは、サイトに訪れた際の1ページのみを閲覧して、サイトから去ったユーザーの割合です。
この際、ページを閲覧した時間は一切関係ありません。
1秒でも、1時間でも1ページのみを閲覧後サイトを去ってしまうと直帰と記録されます。

●離脱率

離脱率とは、「そのページ来た人のうち、そのページを最後に去ったユーザーの割合」になります。

考えられる直帰の原因

ではまず、直帰されるページに考えられる原因を上げていきます。

・目的の情報がみつからない
 =ユーザーが探している情報が目立っていない

・より詳しい情報へのリンクが見つからない

・申込や問合せの方法がみつからない
 =目的の情報に誘導する要素に問題がある

・社名や問合せ先が明記されておらず、信用出来ない

改善ポイント

・目的の情報がみつからない
 ➡アクセスツールでよく検索されるキーワードを確認し、そのキーワードがすぐに見つかるようにデザインを変更する
・より詳しい情報へのリンクが見つからない
 ➡ユーザーの動線を意識してリンクだとわかるボタン設置など、コンテンツレイアウトを変える
・社名や問合せ先が明記されておらず、信用出来ない
 ➡詳細情報へのリンク、申込ページ、次のページへ、のリンクを分かりやすくするなどナビゲーションを見直す。
・社名や問合せ先が明記されておらず、信用出来ない
 ➡必ず社名や電話番号などお問合せ先は全てのページに入れる

特に、ユーザーアクションを促すページについては、上記の改善ポイントをクリアしているかユーザー視点から分析するのもひとつの手です。
検索結果の他サイトのページを見ながらコンテンツの文章を見直す
ページ内でユーザーに提供する情報やユーザーに求める行動を明確にする

直帰率を調べる方法

1 サイト全体の直帰率を調べる

Googleアナリティクスにログインし、左のメニューから「ユーザー」の中にある「概要」のページを開くと、下図のような画面が出てきます。
この数字が並んでいる部分でサイト全体の直帰率が見られます。
全体の直帰率を20~50%以下に抑えるのが一般的な目標です。

2 直帰率の高いページを確認する

続いて、左のメニューから「行動」の中にある「新規とリピーター」のページを開くと、
下記のようなページが表示されます。
「セカンダリディメンション」をクリックし、「ランディングページ」を選択します。
これで各ページの直帰率がわかります。

3 直帰率でソートする

「直帰率」をクリックすると、直帰率でソートされます。
上位にくるページから確認していきましょう。

4 検索エンジンから訪問したユーザーの直帰率を調べる場合

ページ最上部にある「すべてのユーザー」をクリックします。
新しいセグメントウィンドウが開くので、「すべてのユーザー」のチェックをはずし、「自然検索トラフィック」にチェックを入れ「適用」をクリックしてください。
検索エンジンからのユーザーのランディングページの直帰率が表示されます。

離脱率を調べる方法

1 サイト全体の離脱率を調べる

Googleアナリティクスにログインし、左のメニューから「行動」の中にある「サイトコンテンツ」をクリックし、下図のような画面が出てきます。
この数字が並んでいる部分でサイト全体の離脱率が見られます。

2 直帰率の高いページを確認する

続いて、左のメニューの「サイトコンテンツ」から「離脱ページ」をクリックします。
そして「セカンダリディメンション」をクリックし、「ランディングページ」を選択します。
これで各ページの離脱率がわかります。

3 離脱率を調べる

「上位の離脱ページ」が表示される。離脱数の多いものが重要なので、
これらの離脱率を調べましょう。

4 離脱率の高い順位にソートする

離脱率の高いページを確認するには、「離脱率」をクリックします。
すると、離脱率の高い順にソートされます。
離脱率が50%を超えている場合は、ページのインターフェイスに問題がある可能性があります。

さいごに

直帰率が高いときに考えられる原因とその改善ポイント、直帰率と離脱率を調べる方法についてご紹介いたしました。
直帰率・離脱率を、単に数値として確認して終わりにするのではなく、どうしてこのページは直帰率が高いのかを掘り下げたり、このページは離脱率が高いから動線やコンテンツを改善していきましょう。