ウェブサイトの課題を特定しよう!ヒートマップ解析 × Google Analytics の活用法 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

ウェブサイトの課題を特定しよう!ヒートマップ解析 × Google Analytics の活用法

ウェブサイトのアクセス解析には、なくてはならない Google Analytics。
トラッキングコードを設置するだけで、無料でアクセス解析ができる言わずと知れたアクセス解析ツールです。しかし、アクセス解析を行っても、「どのようにウェブサイトを改善すればいいかわからない」という方が多いのではないでしょうか?

ウェブサイトの解析・改善を行うにはヒートマップを併用活用をすることで、より具体的なものとなります。そこで今回は Google Analytics でのアクセス解析とヒートマップによるウェブサイト解析の方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク

Google Analytics でウェブサイト全体のアクセス状況を把握しよう

まずは、Google Analytics でウェブサイト全体のアクセス状況を把握しましょう。

主に確認をする点は以下のようなポイントとなります。

・訪問者、訪問回数、PV数、直帰率、コンバージョン率、新規率などを月,週,日単位で確認
・全体的な増減、季節的なトレンド、想定外かつ急激な増減の把握
・流入元ごとの流入数やコンバージョン率
・新規、リピート別のデータ解析
・コンバージョンデータの確認
・流入量が多いランディングページの確認

特にヒートマップ解析をするうえでポイントとなる点は、「流入量が多いランディングページ」となります。
流入が多く、直帰率の高いページは改善対象として有力候補になるからです。

ウェブサイトの場合、「どのページを改善すれば、どのぐらいのインパクトがあるか」という点を常に考えて、優先順位を付けて改善をしていく必要があります。

 

ウェブサイトのヒートマップ解析の手順

ウェブサイトの解析には、SiTest の「AIレポート」をご活用いただくことをお勧めいたします。ここでは、AIレポートを利用したウェブサイト解析の方法を簡単にご紹介します。

①全体のアクセス状況を確認

SiTest の「AIレポート」からアクセスの状況を確認をすることができます。
また、Google Analytics と Search Console と連携をすることで、コンバージョンの状況や検索クエリの一覧など、さらに詳しいアクセス状況をレポート形式(PDF)で出力をすることができます。
(※ご興味のある方はぜひ、この記事の一番下にある「AIレポート」のサンプルをダウンロードください)

Google Analytics で確認が必要なデータサマリーがまとめて出力できますので、解析の効率化につながります。このアクセスデータから、ある程度の解析の方針を決めます。

 

②流入が多いランディングページの確認

「ページスクロール反応」という項目を確認します。
この項目では、流入の多いランディングページTOP5のページとそのスクロール率を確認することができます。
スクロール率が極端に少ないページは改善を行う必要があるかもしれません。

 

③コンバージョンに至った経路を確認

「ゴールに⾄った遷移」という項目が非常に役に立ちます。
コンバージョンに至るまでの経路にゴールデンパターンがあるのであれば、その経路のページを改善することでコンバージョンに寄与できます。
単一ページとしての改善だけでなく、導線を意識した解析が必要になります。

 

④該当のページをヒートマップ解析

では、実際に SiTest のヒートマップからページを確認して、改善をすべきポイントを特定します。

 

まとめ

以上、ウェブサイトのヒートマップ解析の方法についてご紹介いたしました。
解析の手法は案件により様々かとは思いますが、基本的な考え方は同じです。

SiTest には「AIレポート」という機能が付いていますので、それをフル活用していただくことで解析時間を削減することが可能です。
データ収集にはなるべく時間をかけず、ヒートマップを活用した考察や改善策を立て、成果に結びつけましょう。

「AIレポート」のサンプルはこちら

SiTest の「1ヶ月間 無料トライアル」はこちら


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら