ヒートマップ解析だけじゃない!SiTest のEFO対策でCVRを劇的に改善 | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

ヒートマップ解析だけじゃない!SiTest のEFO対策でCVRを劇的に改善

SiTest にはヒートマップ解析の機能だけではなく、その解析結果をもとにA/Bテストの実行、さらにはEFO(エントリーフォーム最適化)までが実現可能です。

今回はEFOの機能についてスポットを当て、成功した事例を踏まえながらご紹介いたします。

スポンサーリンク

まずは現状のフォームの状態を確認「フォーム統計」

ウェブサイトのCVRを高めるために、ヒートマップ解析やA/Bテストを行っても、最終的にフォームで離脱されていては台無しです。

フォームでどのぐらいの離脱が発生しているのか、まずは確認してみましょう。「フォーム統計」では実際のユーザーの「入力開始率」「入力中断率」「入力完了率」などを確認できるため、どこから入力されているのか、どこで離脱されているかを瞬時に判断できます。

例えば、上記は弊社のフォームですが、1番目の入力完了数から、2番目の入力開始数でユーザーの数が下がっていることがわかります。
この場合例えば、「2番目の項目の入力ハードルが高いのではないか」「必須項目にする必要があるのか」といった点が懸念されます。

実際のユーザーの動きはどうなっているかを確認できる「モニタリング」

SiTest のモニタリング機能は、実際にユーザーが入力している様子を録画し、個別再生や複数ユーザーの一括再生が可能です。

先ほどの「フォーム統計」によって、数値で把握したあとは、次に実際にユーザーの動きがどのようになっているかを「モニタリング」で実際に見てみることをお勧めします。途中で離脱をしてしまったユーザーだけをセグメントし、再生をすることもできるので「どの項目で入力を中断、離脱した」ということも実際に確認をすることができます。

意図とは違った動きをしているユーザーが多ければ、項目自体の削除や順番の入れ替えを行い最適化を図りましょう。

フォームをさらに最適化する「入力支援機能」

SiTest の「入力支援」では、

・フォームの入力エラーを表示
・離脱防止のポップアップを表示
・半角/全角自動変換、フリガナ自動変換
・住所入力補助

など、さまざまな支援機能を SiTest の管理画面上で設定をすることで、実装可能です。
(機能の詳細についてはこちらをご確認ください)

この支援機能は「フォーム統計」や「モニタリング」でユーザーの動向を確認して、フォームの改善を行ったあとに実行することでさらに効果を発揮します。ユーザーにストレスを与えないために、

・不要な項目やリンクは除去する
・できるだけ入力の負担を減らす
・ユーザーの入力ミスを瞬時に気づかせる

上記の点を改善することがEFO対策の基本となります。

最後に

弊社のクライアント様が SiTest の「フォーム統計」「モニタリング機能」「入力支援機能」を活用して、EFOを成功させた事例を挙げておきます。
下記の3つの点を実行することにより、CVRが向上しCPA(1件あたりにかかった広告費用)が40%以上改善しました。

・「フォーム統計」による分析で離脱・中断されている項目を特定
・「モニタリング機能」により実際のユーザーの動きを確認、問い合わせフォームを改修
・「入力支援機能」による離脱防止の機能を実装

以外と見落としがちなフォームですが、ウェブサイトにおいてCVRに直結する最も重要な部分です。あなたのサイトのフォームは大丈夫ですか?気になる方はまず無料トライアルをお試し下さい。

SiTest ではヒートマップでウェブサイトを解析し、A/Bテストでコンテンツの改善を行いながら、フォームの最適化が可能です。
包括的にウェブサイトの解析・改善を行うことでCROに貢献をすることができます。
ウェブサイトからの問い合わせ・売上が上がらないという方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから


03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら