メニューボタン閉じるボタン

サイトのAMP対応状況を確認しよう。Google「AMPテスト」ツール

前日Googleは検索結果のインデックスをモバイルの評価をプライマリ、デスクトップの評価をセカンダリとして検索結果を表示する(Mobile First Index)ことを計画していると発表しました。

モバイルファーストと言えば、以前からGoogleはモバイルユーザーの検索体験を向上させるため、モバイル対応WEBページの表示速度高速化を推奨しており、はてなブックマーク、Twitterなどと共同してAMP(Accelerated Mobile Pages)プロジェクトを推進しているのはご存知だと思います。
その一環かどうかはわかりませんが、ウェブサイトがAMP対応しているかどうか、簡単に確認するためのツールが新たに公開されましたのでAMPの概要とあわせてご紹介します。

AMPの対応状況

検索結果への導入自体は、2016年2月より対応しており、すでに確認されたかたも多いでしょう。
SEO的観点からは、AMP対応が即順位の上昇につながるわけではないものの、AMP対応したことによる結果としてユーザーの満足度が向上し、検索順位に影響を与えることはある。と考えられてきました。
今のところ日本では読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・日本経済新聞・産経新聞の全国紙などをはじめ、ニュースメディアでの対応が殆どで、一般のウェブサイトへの普及はまだまだ先になるかもしれません。
これは、今のところAMPが導入できるのが主に記事コンテンツに限定されているためで、ウェブサイトのトップページやお問い合わせフォームなどは未対応だからです。

AMPのメリット・デメリット

AMPがどのようなものかは当ブログの
AMP (Accelerated Mobile Pages)HTML 導入前に確認しておくこと
AMP(Accelerated Mobile Pages)HTMLの書き方、実際に書いてみた
2つのエントリを参照して頂ければ詳しいですが、
実際に実装されたページはカルーセル表示され左右にスワイプして画像とタイトルが確認できます。
見た目にもインパクトがあり、読み込みを待たされることもなく、一瞬でページが切り替わるのは閲覧のストレスを大幅に軽減してくれています。
asset

しかしその恩恵を得るためにはサイト制作で利用できるタグが大幅に限定され、AMP専用のカスタムタグに置き換え利用する必要があるなどのデメリットも存在し、導入の障壁は非常に高いのが現状です。
AMPは通常のウェブサイトに比べデータ量を1/10に軽減することで高速表示を可能にしており、記述のルールを外れれば正しく表示されないケースがあります。

記述結果を確認する

その設定が正しいものかどうかを確認する方法として、前述のエントリでは
「Google ChromeでURLの末尾に『#development=1』と追加してコンソール画面を見ること」でコードが正しいかどう確認する方法を紹介しています。

正しい記述の場合
AMP1

正しくない記述の場合
AMP2
記述に誤りがありAMPにページが対応していない場合には、図のようにエラーが吐き出され修正箇所を確認する事が可能です。

また、今回公開された確認の仕方として、Googleは「AMPテスト」ツールを公開しました。
https://search.google.com/search-console/amp

amptest
URL入力窓に調査したいサイトURLを入力することで、修正すべき問題点を表示してくれます。
amptest1
また、サイトがAMP対応していた場合には「有効なAMPページです」というメッセージとともにモバイルで検索された場合にどのような表示になるかがプレビューできます。
amptest2

最後に

今はまだニュースサイトなどウェブメディア向けの導入が先行しているAMPですが、いずれモバイル検索流入を考えていく上で外せない施策となる可能性もあり、準備は必要です。
新たな「AMPテスト」ツールはテスト結果のURLを発行する事もでき、制作会社に依頼をしている場合などには情報共有が非常に容易で使いやすくなっています。
他の方法にくらべ、URL入力だけで良いというシンプルなツールですので、これからのAMP普及に向けて活用してみてはいかがでしょうか。

今すぐお気軽に
ご相談ください。

0120-315-465

(平日 10:00~19:00)

今すぐお気軽に
ご相談ください。

0120-315-465

(平日 10:00~19:00)

グラッドキューブは
「ISMS認証」を取得しています。

認証範囲:
プロモーション事業部、プロダクト開発、メディア事業部
インターネットマーケティング支援事業、インターネットASPサービスの提供、コンテンツメディア事業

「ISMS認証」とは、財団法人・日本情報処理開発協会が定めた企業の情報情報セキュリティマネジメントシステムの評価制度です。

いますぐ無料で
お試しください。

SiTest の革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。
利用規約

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】