マーケティング | SiTest (サイテスト) ブログ

メニューボタン閉じるボタン

最新情報を発信する
SiTest ブログ

ECユーザーにとってカートはブックマーク代わり?かご落ちしたユーザーを呼び戻そう

スマホユーザーが増え、瞬く間にECサイトを利用するユーザーが増えました。
今回は、ECサイトユーザーのアンケート調査から、カート離脱する理由や、離脱した後のアクションなどを見ていきます。
続きを読む >

2017年人気 SNS の国内ユーザー数は?増える動画コンテンツと画像解析サービス

2017年4月 最新の SNS の国内ユーザー数が発表されました。
アクティブユーザー数は年々増加傾向にあり、半年前と現在ではユーザー数が大幅に変わっていますので、一緒に新しい情報をチェックしていきましょう。
続きを読む >

GW旅行者の予約時期は1ヶ月前。ユーザー行動の先読みをしよう!

まちでは桜が咲き始め、ビル風が冷たかったオフィス街にも暖かい季節がやってきました。
そして、ゴールデンウィークも近づき、旅行する予定の方も多いのではないでしょうか?
続きを読む >

EC関連サービスを利用するスマホユーザー数増加、企業のユーザー取り込み合戦が激化

スマートフォン(以下スマホ)の普及により、普段のお買い物や手続きが簡略化され、文字通りスマートで便利なサービスを体験することができるようになりました。
特にEC関連サービスについては、モバイル対応したショッピングサイトなどが増加し、スマホなら時間や場所を問わずに利用できることもあり、スマホユーザーの取り込みを意識したサービスが急速に増えています。
続きを読む >

人工知能がコマーシャルを作成。人間と対決した結果は?

※当該キャンペーンページ更新のため、一部追記しています(2017年3月3日)
人間と人工知能が一緒に仕事をする、それはもう遠い未来ではありません。
すでに一部のビジネスでは、人工知能の得意な分野、人間の得意な分野、それぞれの領域での長所を理解しシナジーを起こすことが求められています。
その一方で、人工知能のお手並み拝見、と言わんばかりに人間と人工知能が同じ内容で勝負を行うという取り組みがありました。
続きを読む >

スマートフォンからのインターネット接続が7割を超える。もうモバイル対応は必須。

インターネット広告運用をしている方なら基本的なことですが、広告配信をするにあたり、どのデバイスに配信するかという問題は重要なポイントです。
コストがかかる有料広告では成果創出の要因として、それぞれのユーザーのインサイトが不可欠。
ユーザーがどのようなシチュエーション、モチベーションで検索をしているのか、あるいはサイトを見ているのか、アプリを使っているのか・・・
PC、モバイル、タブレットの閲覧を一絡げで捉えてしまっている人はいないでしょう。
もちろん自然検索においても、SEO、あるいはユーザービリティの観点からモバイル対応は最重要。
Googleからの評価はもちろん、ユーザーからの評価(利便性)を意識する必要があります。
そんなユーザーのインターネット閲覧環境で、スマートフォンからのネット接続の割合が7割を超えたという調査が発表されました。

続きを読む >

BtoBにおすすめ!企業からのアクセスをチェックしよう!

Webサイト運営しているうえで、どのようなユーザーが流入しているか、はとても重要です。特に、BtoBビジネスを展開しておられるケースだと、どんなユーザーかよりも、「どの企業から」流入があるのかを知りたいという欲求もあるのではないでしょうか?
続きを読む >

人工知能で広告運用はどう変わる?

人工知能によってさまざまな分野の業務が代替されるのでは?と考えられていますが、2016年~2017年にかけてその取組は更に加速しているように感じられます。
今回はSiTestブログをお読みいただいている皆様にもかなり関係の深いWebマーケティング分野、特にGoogle AdWordsでの検索ネットワークについて考えてみたいと思います。
続きを読む >

SEOの基本をおさらい。ページランクとは何か?

2016年3月、Googleの公式発表で「ページランク」の表示を停止することが明らかになりました。
ページランクとは、こちらのエントリで紹介した「リンクジュース」の質量とも言える指標です。
続きを読む >

Google AdWordsで価格表示オプションがスタート!クリック前の情報提供が更に激化

※2017年3月よりGoogle AdWordsの仕様変更があり、一部追記しています。(2017年3月3日)

先日ロンチされたメッセージ表示オプション続き、価格表示オプションもに日本語アカウントで設定が可能になりました。
日本のアカウントでも2016年7月には設定可能にはなっていたものの、今までは英語表示で日本円(JPY)設定が出来ず、正直使う機会がなかった価格表示オプション。ようやく日本円表示が可能になったので早速試してみました。

続きを読む >

1 2 3 4

03-6441-3336

いますぐ無料で
お試しください。

SiTestの革新的な機能を、
1か月間無料でお試しいただけます。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】

利用規約はこちら